2021年04月18日更新
北山宏光 内田理央 キスマイ

北山宏光と内田理央のバー密会報道に「最低」「無責任」とファン憤怒!熱愛より問題視された軽率な行動とは

4月16日発売の「フライデー」(講談社)が、Kis-My-Ft2・北山宏光とモデルで女優・内田理央の“バー密会”を報じている。多くのキスマイファンは、今回の密会報道を受け、北山の行動を問題視しているという。

3455
0
4月16日発売の「フライデー」(講談社)が、Kis-My-Ft2・北山宏光とモデルで女優・内田理央の“バー密会”を報じている。昨年8月、ニュースサイト「文春オンライン」が2人の“ステイホーム愛”をスクープしていたが、その後も親密な関係が続いていたようだ。多くのキスマイファンは、今回の密会報道を受け、北山の行動を問題視しているという。

「最初に北山と内田の交際を報じた『文春オンライン』によると、2人はよく通うバーが同じで、元々は友人だったとか。新型コロナウイルスが流行する前は、そのバーで一緒に飲んでいるところを目撃されていたといい、次第に恋愛関係に発展したそうです。コロナ禍になってからは、ほぼ北山の自宅で会っていると伝えていました」(ジャニーズに詳しい記者)

一方、今回の「フライデー」によれば、北山は4月中旬の午後6時過ぎ、男性の友人とともに東京・三軒茶屋のバーへ。入店して数時間後、内田がこの店から足早に出て来たという。ツーショット写真こそないものの、同誌は内田が先にタクシーで帰宅し、北山もその30分後に自宅マンションへ帰ったなどと報じている。

これにより、ファンは交際が続いていたことにショックを受けているようだが、特に多く見られる意見は、北山がコロナ禍にもかかわらず、バーへ飲みに行っていたことへの怒りや批判だ。東京都は、かねてより新型コロナ対策として、飲食店に営業時間を短縮するよう要請しており、4月12日から適用された「まん延防止等重点措置」に伴い、午後8時までの営業と指定している。また、4月に入ってから都内だけではなく、全国的に感染者が増え、まだまだ予断を許さない状況といえる。

「Kis-My-Ft2といえば、メンバーの千賀健永が昨年11月に新型コロナに感染。その後は後遺症に悩まされ、発症から2カ月たっても嗅覚障害が完治していないと、公式携帯サイト・Johnny’s webやテレビ番組を通じて告白しています。今年1月には、YouTubeの『Johnny’s officialチャンネル』にて、新型コロナの後遺症によって嗅覚障害が出てしまった人に向け、“嗅覚刺激療法”について説明する動画をアップ。ファンのみならず『情報発信してくれてありがたい』『なかなか聞けない話なので、とても勉強になった』といった声が、動画のコメント欄に寄せられていました」(同)
引用元:www.cyzowoman.com(引用元へはこちらから)
千賀の前例があるだけに、北山が友人や女性と外で飲んでいたという報道に対し、ファンは「彼女がいてもいいけど、このご時世に飲み屋に出入りするなんて脇が甘い」「コロナに感染した千賀くんがいるのに、北山は外で彼女と飲んでるなんて本当に呆れる」「千賀さんの件もあるのに、どうして彼は飲み行っちゃったのか……」「あれだけ千賀くんがコロナの怖さを訴えてたのに、北山くんには響かなかったんだね。最低すぎる」「熱愛はどうでもいいけど、『感染対策への意識が低い』と思われたらキツい。グループに迷惑かけないで」などと、憤怒している。

「コロナ禍におけるジャニーズタレントの“夜遊び”といえば、昨年は元NEWS・手越祐也、山下智久、KAT-TUN・亀梨和也が世間から批判を浴びていました。手越は度重なる“ステイホーム破り”によって、5月26日に活動自粛処分となりましたが、グループ活動に復帰することなく、翌6月をもってジャニーズを退所。山下と亀梨は、8月に未成年女性らと飲食店で飲酒していたと報じられ、中でも女性を“お持ち帰り”したとされる山下は活動自粛になり、手越同様、復帰しないまま10月末で事務所を去りました。今回、北山がバーでどのような感染対策をとっていたのかは不明ながら、手越らの例があるだけに、ファンは“軽率な行動”だと受け止めたのでしょう」(前出、ジャニーズに詳しい記者)

キスマイは、5月14~16日に生配信コンサート『Kis-My-Ft2 LIVE TOUR 2021 HOME』を開催する。ジャニーズ事務所のアーティストは、有観客でのコンサートも徐々に再開しているが、新型コロナ感染が再拡大しているとあって、キスマイの配信形式は多くのファンから好意的に受け止められた。そんな中での、北山の報道となってしまったが、まずは、何事もなく5月のコンサートが開催されることを願いたい。
引用元:www.cyzowoman.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者