松村北斗の涙が視聴者を魅了!『西園寺さん』初回、号泣シーンに反響続々

SixTONESの松村北斗が、TBS系火曜ドラマ『西園寺さんは家事をしない』でシングルファーザー役を熱演。亡き妻を思い出すシーンでの号泣が話題となり、視聴者から演技力に対する称賛の声が殺到している。

174
0

松村北斗の涙が視聴者を魅了!『西園寺さん』初回、号泣シーンに反響続々

TBS系火曜ドラマ『西園寺さんは家事をしない』の第1話が、7月9日に放送され、SixTONESの松村北斗演じる楠見俊直の号泣シーンが視聴者の心を掴んだ。

松村が演じる楠見は、亡き妻を亡くし、4歳の娘・ルカを一人で育てるシングルファーザー。仕事に追われ、娘との時間を大切にすることを忘れていた楠見は、亡き妻との思い出をきっかけに、自身の心の奥底にしまっていた悲しみを爆発させる。

そのシーンでは、松村は感情が爆発する楠見の姿を見事に演じきり、視聴者からも「もらい泣きした」「演技力が半端ない」などの声が続出。SNS上では「北斗の泣きシーン、震えた」「泣くな北斗おおおおおおおお!!!!!抱きしめてぇぇぇぇぇぇぇ!!!!」といった感動の声があふれた。

『西園寺さんは家事をしない』は、家事を一切しない主人公・西園寺さんと、シングルファーザーの楠見が、同居を通して繰り広げるハートフルラブコメディ。松村演じる楠見は、一見クールで無愛想なキャラクターだが、心の奥底には深い愛情を秘めている複雑な人物だ。

初回放送では、松村の繊細な演技によって、楠見の心の傷や娘への愛情が丁寧に表現され、視聴者の心を強く揺さぶった。今後の展開では、楠見がどのように心の傷を癒していくのか、そして西園寺さんとどのような関係を築いていくのか、注目が集まっている。
松村北斗の演技力に改めて感心した。感情表現が豊かで、特に涙の演技は自然で、見ているこちらが引き込まれるほどだった。彼の演技によって、楠見というキャラクターに感情移入し、彼の心の痛みや娘への愛情を深く理解することができた。

ドラマは、楠見と西園寺さんの関係がどのように発展していくのか、そして楠見が心の傷を癒すことができるのか、今後の展開が楽しみだ。松村北斗の演技にも注目し、毎週欠かさず視聴していきたい。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者