2024年02月23日更新
ジャニーズ サブスク解禁

ジャニーズのサブスク解禁実験?嵐のサブスク配信開始から2年半経過、現状は?他のグループの解禁の可能性

ジャニーズのサブスク解禁実験?嵐のサブスク配信開始から1年半経過、現状は?他のグループの解禁の可能性 まとめ

2341
0

嵐のサブスク解禁はいつから?

男性アイドルグループ「嵐」の一部楽曲が、「Apple Music」「Spotify(スポティファイ)」といった音楽の定額配信(サブスクリプション)サービスで2019年10月9日から聴けるようになった。
引用元:www.j-cast.com(引用元へはこちらから)
ジャニーズでのサブスク解禁と言えば、嵐が2019年に全シングルを、昨年2月にオリジナルアルバム全16タイトル、さらに今年7月にはDVD・Blu-ray『アラフェス2020 at 国立競技場』の発売を記念して、カップリングベスト盤『ウラ嵐BEST』が配信された。これにより、嵐のほぼ全楽曲をサブスクで聴けるようになった。

ジャニーズのSNS進出は次第に広がっているように見えるが、サブスクとなるとまだ数は多くない。

2020年に堂本剛(ENDRECHERI)、2021年6月に堂本光一のソロ楽曲が解禁になった以外は、KAT-TUNが2021年3月に発売したシングル「Roar」と配信限定カップリング曲「Flashback」のみだ。
引用元:realsound.jp(引用元へはこちらから)

嵐のサブスク配信開始から2年半経過、現状は?

2023年3月現在、
・Spotifyの「嵐」の月間リスナー数は111万人です。
・Spotifyの「嵐」の人気曲「Love so sweet」の累計再生回数は3375万再生です

Spotifyの再生回数は何回からがヒット扱い?


Spotifyでは、正確なヒット曲の定義は公式には発表されていませんが、楽曲が何百万回、何千万回と再生された場合には一般的にヒット曲とみなされることがあります。ただし、再生回数だけでなく、楽曲が配信された期間やリスナーの地域性など、様々な要素がヒット曲に影響するため、必ずしも再生回数だけで判断されるわけではありません。

ジャニーズのサブスク解禁を望む声

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者