2024年03月24日更新
NEWS 当落発表 エプコティア

【NEWS 当落発表】EPCOTIA(エプコティア)のチケット倍率や当落発表の時間は?当落前に再確認

NEWSのアリーナツアー「NEWS LIVE TOUR 2018」の当落発表が本日2月14日に行われる予定です。当落発表の時間・会場ごとの倍率や当落発表はどうなっているのか、再確認しましょう!

14917
0

NEWS LIVE TOUR 2018

2月14日はバレンタインデーです♡

一大イベントとなっている人も多くいるなか、本日NEWSの当落発表となっています!

ドキドキが更に高まりますね!

当落祈願をしながら、当落発表に備えているのではないでしょうか?

こちらのまとめでは、当落発表の時間予想・チケット倍率を再確認していきたいと思います。

まずは、今回のツアーの日程スケジュールから確認していきましょう!

NEWS コンサート会場・公演日程・スケジュール

◆札幌・真駒内セキスイハイムアイスアリーナ
3月31日(土) 17:00
4月01日(日) 12:00 / 17:00

◆宮城セキスイハイムスーパーアリーナ
4月07日(土) 17:00
4月08日(日) 12:00 / 17:00

◆静岡エコパアリーナ
4月14日(土) 17:00
4月15日(日) 13:00 / 18:00

◆マリンメッセ福岡
4月21日(土) 17:00
4月22日(日) 12:00 / 17:00

◆広島グリーンアリーナ
4月28日(土) 17:00
4月29日(日) 13:00 / 18:00

◆大阪城ホール
5月05日(土) 17:00
5月06日(日) 12:30 / 17:30

◆名古屋ガイシホール
5月12日(土) 17:00
5月13日(日) 13:00 / 18:00

◆さいたまスーパーアリーナ
5月19日(土) 18:00
5月20日(日) 13:00 / 18:00
8都市24公演!!!!

札幌からスタートして、ラストオーラスはさいたまスーパーアリーナとなっています!!

「NEWS LIVE TOUR 2018」 ファンクラブ会員チケット申し込み概要

【チケット料金】
ファンクラブ会員チケット料金 8,000円
※申し込み手数料700円・Pay-easy(ペイジー)手数料140円が別途必要

【申し込み方法】
専用申込フォーム(WEB)・またはハガキよりお申込み
(スマホ・タブレット端末・パソコンよりお申込み)


【申し込み期間】
■WEBで申込み
1月17日(水)昼12時~1月31日(水)17時まで

■ハガキで申込み
1月17日(水)消印~1月31日(水)必着まで

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注意事項

・1回の申し込みで・1公演チケット4枚まで
・同行者は非会員でもOK
・1回の申し込みで2公演以上のチケットを申し込みはできない。2回以上申し込む場合はわけて申し込みが必要
・1回の申し込みで第1希望から、第3希望まで選べます。第1希望は必ず登録してください。
・ただし1個人で同一日時公演のお申込みが複数あった場合は全て無効(希望する順番などを変えての申し込みもNG)

チケット当落発表について

<2月14日(水)以降案内>

ファンクラブ登録メールアドレスへ抽選結果(お支払い方法)をお知らせ。
また、ファンクラブ会員サイト 抽選結果ページ でも抽選結果を確認することができます。

当落発表の時間は?

ここ最近の当落発表の時間は18時からが多く、

NEWSのツアー発表も18時以降となるのではと予想しています。

NEWS チケット倍率は?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

2018年1月16日時点で26万2千人を突破!

1月16日時点の26万2千人で計算しているようです。

(詳細の計算は、今回引用させてもらっています。)

各会場のキャパシティ

【札幌】真駒内 セキスイハイムアイスアリーナ
収容人数: 10,024人

【宮城】セキスイハイムスーパーアリーナ
収容人数: 7,063

【静岡】エコパアリーナ
収容人数: 10,000

【福岡】マリンメッセ福岡
収容人数: 最大15,000人

【広島】広島グリーンアリーナ
収容人数: 10,000人

【大阪】大阪城ホール
収容人数: 16,000

【名古屋】日本ガイシスポーツプラザ ガイシホール
収容人数: 10,000人

【埼玉】さいたまスーパーアリーナ
収容人数: 37000人

各会場ごとのチケット倍率

◆札幌・真駒内 セキスイハイムアイスアリーナ
申込総人数440,160人÷会場のキャパ32,310人
=13.6倍

◆宮城セキスイハイムスーパーアリーナ
申込総人数440,160人÷会場のキャパ21,189人
=20.7倍

◆静岡エコパアリーナ
申込総人数440,160人÷会場のキャパ30,000人
=14.6倍

◆マリンメッセ福岡
申込総人数440,160人÷会場のキャパ45,000人
=9.7倍

◆広島グリーンアリーナ
申込総人数440,160人÷会場のキャパ30,000人
=14.6倍

◆大阪城ホール
申込総人数440,160人÷会場のキャパ48,000人
=9.1倍

◆名古屋ガイシホール
申込総人数440,160人÷会場のキャパ30,000人
=14.6倍

◆さいたまスーパーアリーナ
申込総人数440,160人÷会場のキャパ111,000人
=3.9倍
引用元:johnnys.jocee.jp(引用元へはこちらから)
あくまでも最大数の倍数を計算で、最大数で、全員が全公演に参加した場合の倍率です。

日程や場所の都合により実際はもう少し低くなると思います。

今回はデジタルチケット(QRコード)のため、公演日までは座席が分かりません

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者