2019年07月11日更新
SixTONES 京本大我 ニュージーズ

SixTONES京本大我、“座長” に!日生劇場公演、日本初演ミュージカル「ニュージーズ」主演

ジャニーズJr.の人気グループ・SixTONESの京本大我が、2020年5月に東京・日生劇場で上演されるミュージカル『ニュージーズ』に主演することがわかった。

1038
0
ジャニーズJr.の人気グループ・SixTONESの京本大我が、2020年5月に東京・日生劇場で上演されるミュージカル『ニュージーズ』に主演することがわかった。
引用元:news.livedoor.com(引用元へはこちらから)
同ミュージカルはボブ・ツディカーとノニ・ホワイトが脚本を手掛けた原作映画をもとに、ブロードウェイではディズニー・シアトリカル・プロダクションズ製作により初演。『美女と野獣』、『アラジン』、『天使にラブ・ソングを~シスター・アクト~』などの音楽を手がけ、アカデミー賞8度の受賞を誇るアラン・メンケンが音楽を担当。
引用元:news.livedoor.com(引用元へはこちらから)
899年のニューヨークを舞台に、新聞販売の少年たち“ニュージーズ”の奮闘を描く物語で、京本が演じるのは“ニュージーズ”のリーダー的存在であるジャック。若き女性記者で、“ニュージーズ”を応援するキャサリン役に元宝塚娘役トップスター・咲妃みゆ、ジャックの弟的存在で足の不自由な孤児クラッチー役には松岡広大、“ニュージーズ”の一員でありながら少し他とは異なるバックグラウンドを持つデイヴィ役には加藤清史郎が決定。バーレスクのスターでジャックの絵の才能や人柄を認める人物メッダ役には霧矢大夢、そして利益のために“ニュージーズ”への卸値を引き上げようと画策する新聞社オーナー・ピューリッツァー役を松平健が演じる。

引用元:johnnys.jocee.jp(引用元へはこちらから)

京本大我(SixTONES/ジャニーズJr.)コメント

日本初上陸のミュージカル『ニュージーズ』、そして、僕がSixTONESとして5年近く立たせて頂いている日生劇場に、一人で座長として出演させて頂ける日が来るとは夢にも思っていませんでした。
また、『エリザベート』という作品で僕をミュージカルの世界へと導いて下さった小池修一郎先生が演出されること、本当に光栄に思います。若者の夢を追い続けたい想い、大人に負けず生き抜こうとする力強さを、僕が演じるジャックを通して伝えられたらと思います。この『ニュージーズ』が皆様に愛され続ける作品になりますよう責任を持って演じ切りますので、是非劇場へ足をお運び下さい。
引用元:news.livedoor.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者