2024年03月11日更新
MADE秋山 滝沢社長 タッキー

タッキーの一声でMADE秋山が退所!関係者も驚きの恐怖政治…秋山がタッキーを激怒させた一言とは?

MADE秋山の退所が発表された時、関係者は驚いたという。「これは明らかに“処分”です。今年4月にはMADEの4人が主演の舞台が決まっていました。この舞台を降板させてまで退所させたわけです。」

8346
0

《神田沙也加との不倫疑惑で退所》MADE秋山が滝沢社長を怒らせた「言ってはいけなかった一言」

「2020年1月15日、ジャニーズJr.ユニット『MADE』の秋山の退所が発表された時は驚きました。彼の“不貞行為”はアイドルとしてふさわしいものではありませんでしたが、まさか退所とは。さすが、ジャニーズの処分は再び厳しくなったと業界でも話題になりました」(スポーツ紙記者)
引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)
 今回の“粛清劇”にジャニーズ事務所関係者も「想定していなかった」と驚きを隠せない。

「これは明らかに“処分”です。今年4月にはMADEの4人が主演の舞台『イケメンヴァンパイア◆偉人たちと恋の誘惑 THE STAGE ~Episode.1~』が決まっていました。この舞台を降板させてまで退所させたわけです。この発表に衝撃を受けたのはMADEメンバーだけではない。HiHi Jetsの橋本涼(19)と作間龍斗(17)は『自分たちも退所させられていたかもしれない』とかなり焦っていました」(同前)
引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

滝沢社長を怒らせた言葉とは

「秋山は滝沢社長からひとしきり説教を受けた後、事も無げに『今後は気をつけます』と言ったのです。そして『今回の一件で家がバレたので対策として引っ越します。神田さんとは話し合ってうまく付き合っていきます』というような事も言い放った。ジャニーズの看板にどれほどの泥を塗ったのかわかっていなかったのでしょう。アイドルとしての自覚に著しく欠けるこの態度は、滝沢社長の怒りの火に油を注ぐ結果となった。怒りがおさまらない滝沢社長は『反省していない』と秋山の退所とグループの解散を決定したのです」(同前)

 滝沢社長の鶴の一声はジャニーズJr.の進退を決定するのだ。別のジャニーズ事務所関係者が話す。

「滝沢くんはタレントの時から後輩思いで面倒見がいい。それは社長になってからも変わりません。しかし一方で、Jr.の抜擢や斬り捨てについては厳しい。元ジャニーズJr.だったLove-tuneの安井謙太郎くん(28)とはほとんど話したことがないにもかかわらず、他のLove-tuneメンバーに『安井抜きで、他のJr.も合わせて再編成しよう』と提案していました。

  2006年に始まった舞台『滝沢演舞城』から、現在も続く『滝沢歌舞伎』にまで出演しているSnowManへの思い入れは強い。昨年亡くなったジャニー(喜多川)さんはSnowManに対し、『ユーたちは売れないよ』と話していて、メンバーもデビューを諦めていたのですが、滝沢くんが社長になってデビューに漕ぎ着けた。まさに社長肝煎りのグループなんです。Jr.への扱いに大きな差が出るのは、ジャニーさんから衣鉢を継いだ審美眼の為せる業と思います」(同前)
引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者