2024年02月23日更新
安田章大 関ジャニ eighter

関ジャニにさらなる激震!重症説が囁かれる安田章大が長期休養に?背中の強打で持病の椎間板ヘルニアが?

関ジャニ・安田章大が自宅で転倒して背中を強打し、そこから3日間入院した。骨などには異常がないものの打撲が回復していないことから、医師の指示により会見は欠席した。実は、思った以上に重症である可能性もあるようで、下手したら長期休養を余儀なくされる可能性もあるという・・・

18777
0

安田章大に重症説

4月15日の渋谷すばるくん脱退会見をメンバーの中で唯一欠席した安田章大くん。

4月9日に自宅で転倒して背中を強打し、そこから3日間入院したそうで、骨などには異常がないものの打撲が回復していないことから、医師の指示により欠席の判断を下したといいます。

すばるくんの件が衝撃的だったことでそれほど注目されていませんでしたが、実は思った以上に重症である可能性もあるようで、下手したら長期休養を余儀なくされる可能性もあるといいます。
引用元:www.johnnys-watcher.net(引用元へはこちらから)
「打撲そのものは通常であれば3日程度で回復に向かうもの。会見は打撲から6日後でしたし、メンバーはスーツ姿で着席していたので、普通なら安田も欠席の必要はなかったはずです。ただ、最も懸念されるのは骨や内臓への影響。頭部打撲であれば脳への影響も注意深く観察する必要があります。今回は背中を強く打ち付け、そのうえで骨への影響はないとのことですが、内臓に関しては言及されていないのが気になりますね。もし内臓に何らかの影響があったとしたら、安田の休養は意外に長引くかもしれません」(医療系ライター)

背中側の打撲では腎臓を傷めることも。格闘技では試合後に血尿が出ると、まっさきに腎臓の損傷が疑われる。ほかにも肝臓やすい臓、ひ臓といった内臓を傷めている可能性が考えられるほか、胃や腸などの消化器系を損傷している恐れもありえる。

「3日間の入院は決して軽い症状ではありませんし、ただでさえ渋谷の脱退でeighterは辛い気持ちを味わっているのですから、安田についても早期に現在の病状を明かしてもらいたいものです」(芸能ライター)
引用元:www.johnnys-watcher.net(引用元へはこちらから)

安田章大くんは腰に持病が

椎間板ヘルニアの手術を受けた。

まず安田章大くんの病気としてファンの間でも有名なものは腰の病気です。病名としては「椎間板ヘルニア」です。安田章大くんは、まだ20歳という若い時に椎間板ヘルニアの手術をしています。

この病気は腰の骨の病気で、背骨のクッションである椎間板に問題があることでおきる病気です。症状は腰の神経が圧迫されることで、腰痛や脚のしびれが多いです。

ひどくなると足腰の感覚が麻痺してしまい、歩けなくなることもあるとても怖い病気です。椎間板ヘルニアになりやすい人は男性が多く、年齢的には20歳から40歳くらいの人が多いといいます。

安田くんが手術を受けなければいけなかったというほどの症状ということは、かなり痛みや脚のしびれなどがあったことが予想できます。安田くんも激しいダンスの影響などでヘルニアになったといわれています。

しかも新幹線などの移動が多いとなると、椅子に長い時間座ることもあります。腰に掛かる負担が気になりますね。

現在はある程度ヘルニアの状態は落ち着いているそうですが、けっこうぶり返すこともある治りにくい病気ですので、ケアがとても重要です。おそらく今も時々通院して検査をしたりしているかもしれないですね。

引用元:habitsnice.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

安田くんが受けた椎間板ヘルニアの手術方法は?

椎間板ヘルニアの手術は椎間板をとって上下の骨をくっつける方法と、はみ出したヘルニアと髄核という部分のみを取る方法があります。

安田章大くんはいずれもこのどちらかの方法で手術をしたとみられます。腰を切開するような大掛かりな手術でなければ、基本レーザーか内視鏡下手術となり、入院は数日単位となります。

安田くんも手術後は、しばらくは絶対安静で動くことはできませんから、尿管に管を入れるいわいる「尿管カテーテル」をしていたようです。なにせ手術後は歩いてトレイにいけませんからね。

手術の痛みも麻酔が切れたらある人はあるわけで、けっこう大変なことだったと思います。

引用元:habitsnice.com(引用元へはこちらから)

他にも罹った病気が

慢性副鼻腔炎の手術を受けている

安田章大くんは2007年に慢性副鼻腔炎(まんせいふくびくうえん)で治療をしています。慢性副鼻腔炎は急性副鼻腔炎が治らずに慢性化してしまった炎症のことです。

昔の言い方でこの病気の病名は「蓄膿症」(ちくのうしょう)といっていました。いまは聞きなれない病名かもしれませんが、慢性副鼻腔炎といいます。

鼻と副鼻腔をつないでる小さな穴があるのですが、それが細菌感染などで腫れてしまい膿が溜まってしまいます。鼻汁が絶えず出てきたりしますので、鼻をよくかむ人がとても多いです。

引用元:habitsnice.com(引用元へはこちらから)
おそらく安田章大くんもこの病気にはとても悩まされていたと思います。手術をするということは、やはり身体への症状がしっかり出ていたわけです。

慢性副鼻腔炎は、鼻水が大量にでるとは限らず、鼻の奥、つまり喉の方へ流れる後鼻漏(こうびろう)といった症状になる場合もあります。後鼻漏は鼻水は前からでませんが、喉の方に流れるので、咳の原因になったりします。

普段鼻水はでないが、咳がよく出る人は後鼻漏の可能性が高いです。また慢性副鼻腔炎はにおいがわからなくなったり、頭痛などの症状がでることもあるので厄介な病気です。

慢性副鼻腔炎の治療は通常はマクロライド系の抗菌薬や内視鏡を使用した内視鏡での鼻腔手術があります。安田くんは手術をしたといわれていますので、内視鏡で手術をされたのだと思います。

引用元:habitsnice.com(引用元へはこちらから)

慢性副鼻腔炎の手術方法は?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

わかりやすくいうと、鼻の奥に腫れ上がったポリープなどがあれば、鼻から内視鏡をいれてそこを切除します。それにより腫れで塞がっていた部分の空気の通りがよくなります。

手術は通常は2時間30分くらいで入院が数日は必要です。術後も通院して定期検診や服薬がしばらく必要となります。

非常にデリケートな病気です。安田くんもなかなか過酷な経験をしているのではないでしょうか。

引用元:habitsnice.com(引用元へはこちらから)

eighterから心配する声が続出

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者