2021年01月20日更新
加藤シゲアキ 北方健三 直木賞

直木賞選考委員・北方謙三氏 加藤シゲアキを高評価!「とっても惜しかった」「私は受賞させたかった」

第164回直木賞選考委員の作家・北方謙三氏が20日、同賞の講評を行い、ノミネート作であるNEWS・加藤シゲアキの『オルタネート』について「とっても惜しかった」と述べた。

999
0
選考では、最初の投票で加藤の『オルタネート』、西條奈加氏の『心淋し川』、伊与原新氏の『八月の銀の雪』、坂上泉氏の『インビジブル』の4作が残り、最終投票で『心淋し川』が受賞した。

北方氏は、加藤の作品について「個人的には非常に推したんですよ。青春小説として非常によく書けていると思いました」と高く評価。

決選投票になる前に「加藤シゲアキを直木賞に受賞させようというような機運を作ろうという意思が選考委員の中に2~3あって、私もその1人でしたけれど、やっぱりこれはもう1作くらい待ってみようということでした。とっても惜しかったと思います」と経緯を明かした。

さらに、「なんとしても加藤シゲアキを入れてくれと、私は頼んだところもありました。加藤シゲアキの作品で何が足りなかったかというのは、明確に指摘できるような欠点というのはないんです」とした上で、「人がちょっと平凡だったとか、描写がちょっとベタ塗りだというのがあるんですけど、途中からどんどんどんどん人物が交錯してきて、しかもそういう人物が最終的にはいろんな帰結を見て、破綻がどこにもない」と改めて評価した。
引用元:news.mynavi.jp(引用元へはこちらから)

動画

出展:Youtube

NEWS加藤シゲアキ、直木賞逃すも高評価 北方謙三氏「とっても惜しかった」「第164回芥川龍之介賞・直木三十五賞」受賞会見

加藤シゲアキ #NEWS #直木賞 第164回直木賞選考委員の作家・北方謙三氏が20日、同賞の講評を行い、ノミネート作であるNEWS・加藤シゲアキの『オルタネート』 ...

みんなの反応

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者