2024年03月25日更新
松本潤 宮舘良太 どうする家康

【文春】松本潤、『どうする家康』で宮舘良太の共演拒否!「まだ大河に出る器じゃない」と切り捨て

大河ドラマ『どうする家康』で徳川家康役を演じる嵐の松本潤(40歳)が、ジャニーズ事務所の後輩であるSnow Manの宮舘涼太(30歳)の起用に難色を示し、実際に宮舘の出演は見送られた可能性があることが、週刊文春の取材で明らかになりました。

2982
0

記事要約

大河ドラマ『どうする家康』で徳川家康役を演じる嵐の松本潤(40歳)が、ジャニーズ事務所の後輩であるSnow Manの宮舘涼太(30歳)の起用に難色を示し、実際に宮舘の出演は見送られた可能性があることが、週刊文春の取材で明らかになりました。

『どうする家康』では従来の家康像とは異なり、「か弱きプリンス」が戦国時代を生き抜く姿が描かれています。現在、ドラマは終盤に入り、天下分け目の決戦である関ヶ原の戦いが近づいています。

取材に応じたジャニーズ事務所関係者によると、松本はキャスティングに大きな影響力を持っており、彼が気に入らない俳優は出演が見送られる場合があったとのことです。宮舘涼太もその一人で、彼はSnow Manのメンバーでありながら、松本の起用により出演機会を逃した可能性があります。

宮舘涼太は貴族的な佇まいで、「舘様」と呼ばれるほどの人気を持っています。中学1年生でジャニーズ事務所に入所し、苦労人として知られており、滝沢秀明の愛弟子の一人として『滝沢歌舞伎』などで活躍してきました。宮舘は将来の夢として「大河に出演すること」を持っており、『どうする家康』に内定していた役は秀吉から絶対的な信頼を受け、後に家康側に従軍する武将でした。撮影現場でも松本の撮影を真剣に見学する姿勢を見せていましたが、松本が「まだ大河に出る器ではない」と判断し、結局、宮舘の出演は見送られ、別の俳優が起用されたと報道されています。

ネットの反応

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者