2024年02月17日更新
honey MR.KING 平野紫耀

平野紫耀くん主演で「honey」が実写映画化!原作ではキスシーンあり!気になるヒロイン役は平祐奈

紫耀君映画主演おめでとう!キスシーンがあるのがほぼ確定で、ファンにとっては複雑かもしれませんが・・・

6450
0

ソース

目黒あむ氏の人気少女漫画「honey」が、関西ジャニーズJr.の一員で「Mr.KING」のメンバーである平野紫耀の主演で、実写映画化されることがわかった。映画単独初主演の平野はピュアな不良・鬼瀬大雅役で髪を赤く染め、ヒロイン・小暮奈緒役に抜てきされた平祐奈も髪を20センチカットし、人生初の茶髪に挑戦している。「ピーチガール」の神徳幸治監督がメガホンをとる。
引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

あらすじ

ある雨の日、中学生だった小暮奈緒は道端に座る不良に怯え、傘と絆創膏を置いてその場を去る。そして、高校へ入学して2週間経った日、学校中で不良扱いされ恐れられている鬼瀬大我に呼び出され、花束を渡され結婚を前提に付き合ってほしいと告白される。鬼瀬は周囲からあらぬ噂を立てられ、さらには入学式当日に上級生を殴り停学にさせられていた。ヘタレな奈緒は、断ろうとするも鬼瀬を恐れて受け入れてしまう。学校へ行く意欲を失う奈緒だったが、同居する義兄の宗介に「一度そいつ自身とちゃんと向き合ってみろ」と諭される。翌日、鬼瀬と共に過ごしていることから奈緒は、学校では皆から避けられるようになる。だが、奈緒は関わっていくうちに鬼瀬の心優しい内面を知り、惹かれていく。
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)

みんなの反応

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者