2019年06月04日更新
セクゾ キンプリ 滝沢秀明

【文春】セクゾの仕事はテレビ局とタッキー社長の意向でキンプリとジュニアへ奪われ、メンバー怒りの限界

「King & Prince」やジャニーズjrのしわ寄せを受けて、仕事が激減しているジャニーズのグループがあるという。先輩グループの「Sexy Zone」だ

11029
0

番組もjrに奪われ、仕事は空白

「セクゾが3年間、レギュラーを務めたラジオ番組『らじらー! サタデー』(NHKラジオ第1)を今年3月に卒業したのです。4月からは滝沢秀明氏がプロデュースするジャニーズJr.の人気ユニット『SixTONES』『Snow Man』『Travis Japan』が週替わりで担当することになりました。わかりやすい事務所側のシフトチェンジです。

 5月21日には『極限合宿を監視中!! 3日間で人生は変わるのか!?』(日本テレビ系)が放送されましたが、単発の深夜特番です。現在は、グループでの仕事はなく、今後の予定としても、菊池風磨の単独初主演舞台『HAMLET ―ハムレット―』が発表されたくらい。スケジュールの空白が目立ちます」
引用元:bunshun.jp(引用元へはこちらから)

マリウスたちメンバーも怒りの限界

「マリウスもそろそろ限界です。アイドルをやっている自分は本当の自分ではないと、彼はずっと悩んでいます。昨年の『24時間テレビ』が終わった後、『ジャニーズを辞めたい』と泣きながら関係者に訴えたのは、事務所の中でも話題になりました。

 菊池、中島、佐藤も苛立ちを抑えられないようで、昨年末から今年にかけて、自分のポジションをハッキリさせてほしい、と事務所の人間に不満をぶつけていた。本人たちは必死なのでしょうが、菊池と中島などは態度が悪いと幹部から怒られたこともある。特に、菊池はかなり不機嫌でした」(ジャニーズ事務所関係者)
引用元:bunshun.jp(引用元へはこちらから)

みんなの反応

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者