2018年09月26日更新
タッキー 滝沢秀明 週刊新潮

滝沢秀明が週刊新潮に告白「芸能界復帰はない。経営陣に入るつもりもありません」

突如、芸能界からの引退を発表した“タッキー”こと滝沢秀明(36)。 アイドルとしての彼を見られるのは年内までということになる。 ジャニーズ事務所の後継者とも報じられ、さまざまな憶測を呼んだ電撃引退の真意を、渦中の本人が明かす。

2662
0
このたびインタビューに応じた滝沢は、
今井翼の体調不良による「タッキー&翼」の解散が決断のキッカケだったと語る。

「僕ら2人がどういう人生を歩んでいくか、と考えた時に、翼が出した結論が退所、
僕は引退して、ジャニーさんの下で勉強をさせてもらうということでした」

ジャニー社長が“本人にはプレーイングマネージャーの選択肢も伝えた”と、異例のコメントを出してもいるが、

「もちろん『プレーイングマネージャー』の道はありますが、しかし、Jr.といえども、一人の人生。
そこに責任を持つからには、僕自身も覚悟を持たなければいけない」

芸能界復帰の可能性は――の問いに、「ないです。僕はもう、引退です」と明言する滝沢。
だが一方、その決断はさまざまな反響を呼び、たとえば、ジャニー社長の後に滝沢が
社長に就任するのでは?との憶測も乱れ飛んだ。

「それは絶対にないです。全くない。断言できます。経営陣に入るつもりもない。
そもそも僕は経営が出来ませんから。そこはジュリーさんがやっていかれるんだろうと思います。
『後継者』とは、社長になるということではなく、ジャニーさんの思いややり方を引き継ぐ、
という意味ですが、言葉って一人歩きするものですよね」



引用元:www.dailyshincho.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者