【炎上】「ジャニーズ離れ」で視聴率が低下?→「ジャニーズいじめでテレビ離れ」だと殺到w

ジャニーズ事務所は、創業者の故ジャニー喜多川氏による性加害問題を受けて、スポンサーの離脱が急速に進んでいます。こ

2594
0

目次閉じる

ジャニーズ事務所は、創業者の故ジャニー喜多川氏による性加害問題を受けて、スポンサーの離脱が急速に進んでいます。

これまでジャニーズ所属のタレントは、テレビ局にとって「頼りになる存在」で高視聴率を生み出してきましたが、そのタレント人気にも変化が現れ始めていることがわかりました。

以前からジャニーズが出演する番組の視聴率には注目されてきましたが、視聴者の厳しい評価が浮かび上がっています。この状況を受けて、広告主はジャニーズ所属タレントの広告契約見直しを次々に発表しました。


一方、テレビ局は「新規の出演依頼は非常に慎重に判断」しているが、テレビ東京を除いて多くは「従来通りの出演」を継続しています。10月2日にはジャニーズ事務所が新体制を発表する予定で、注目が集まっています。これに加え、視聴者の動向もジャニーズの将来にとって重要です。

実際、ジャニーズが出演する主要番組の視聴率を追跡すると、視聴者の厳しい受け止め方が明らかになります。所属タレントが重要な役割を果たしている番組の中で、会見前の平均視聴率と会見後の数字の変化を特定の視聴者層に絞って指数化したデータを分析しました。

このデータによれば、2つの番組を除いて、個々のタレントの視聴率は下がっています。そして、その中で「いただきハイジャンプ」(フジテレビ系土曜午前)では、10代〜20代の女性視聴者の数値も横ばいの状態を保っています。一方、「それSnowManにやらせて下さい」(TBS系金曜夜)では、若い女性視聴者の数はわずかに減少しました。

ネットの反応

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者