『滝沢歌舞伎』で異例の宣言! チケット当日手渡しでジャニーズが“本気”の転売対策に意気揚々するファン

この記事では、「『滝沢歌舞伎』で異例の宣言! チケット当日手渡しで、ジャニーズが“本気”の転売対策」のコメントをまとめます。

4952
0
Snow Manが主演を務め、東京・新橋演舞場にて4月8~30日まで上演される舞台『滝沢歌舞伎ZERO FINAL』。2月8日に製作発表が行われ、翌9日にはファンクラブ会員を対象としたチケットの申し込み受付がスタートした。会員向けに届いた案内により、一部のチケットはファミリークラブ(ファンクラブ組織)の受付窓口にて「当日渡し」になることが判明し、ネット上のファンが騒然としている。
引用元:www.cyzowoman.com(引用元へはこちらから)

滝沢歌舞伎、とは

『滝沢演舞城』(たきざわえんぶじょう)は、日本のミュージカル作品。主演は滝沢秀明。作・構成・総合演出はジャニー喜多川。また本作から派生した舞台である『滝沢歌舞伎』(たきざわかぶき)についても本稿で扱う。

概要
2006年3月に新橋演舞場で初演された、滝沢秀明主演の時代劇LIVEミュージカル[1]。ジャニー喜多川の「僕は城を作りたいんだ。滝沢の城を」の一言から企画され[2]、“和に特化した舞台”を目指して制作が開始された[3]。滝沢は2005年に大河ドラマ『義経』で演じた源義経を本作中でも演じている。新橋演舞場でジャニーズ事務所のタレントが公演を行うのは初めてのこと[4]。23歳で座長を務めるのも男性としては同劇場史上最年少であり、滝沢はこれで大阪松竹座、帝国劇場、梅田コマ劇場に続き、4つの劇場で最年少記録を樹立した[4]。

2010年の4月舞台「滝沢歌舞伎」で舞台演出家デビュー[5]。

2010年から始まった新橋演舞場・歌舞伎座改築工事に伴い、同年から2012年までは舞台を日生劇場に移し「滝沢歌舞伎」と題した舞台を行った[6]。

2012年4月16日に通算300公演を達成[7]。

2015年、ジャニーズ事務所製作の舞台で初めての海外・シンガポール公演を行った[8]。

2018年まで滝沢が主演を務め、705回を上演[9][10]。2019年からは『滝沢歌舞伎ZERO』と名前を変え、Snow Manが主演を務める[11]。
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)

みんなの反応

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者