2021年01月09日更新
キンプリ HeySayJUMP ジャニーズWEST

Jr.のほうが人気?キンプリ、Hey!Say!JUMP、ジャニーズWESTらデビュー組から不満の声が

ジャニーズJr.のほうが人気?King & PrinceやSexy Zone、Hey! Say! JUMP、ジャニーズWESTなどのデビュー組から不満を漏らす者もいるそうです。

9909
0

ジャニーズJr.のほうが人気?デビュー組から不満の声が

昨年デビューしたSixTONESとSnowManが飛ぶ鳥落とす勢いだ。デビュー早々CD売り上げは共に100万枚を記録し、この年末年始もテレビドラマやバラエティなどに引っ張りだこだった。

「プロデューサーである滝沢秀明の猛烈な売り込みのかいあって、昨年はCDシングル売り上げも嵐に次ぐ成績を叩き出しています。サブスクや音源配信を解禁していないジャニーズにとって、CD売り上げはいまだに大事な収入源。ジュリー社長がここにきて滝沢を高く評価し始めているのも、2組のデビュー曲を100万枚売ったからだともっぱらです。音楽業界的には“サブスク時代にCD売り上げにとらわれるのは古い”という考え方ですが、テレビ業界は古臭いおじさんもまだ多いから“100万枚売ったアーティスト”はやっぱり特別扱いされます。年末年始、SnowManとSixTONESの露出が多かったのも、そういうわけです」(大手芸能事務所関係者)

コロナ禍でライブが開催できないジャニーズにとっては、CDの売り上げとテレビへの露出、さらにはCM出演が大事な収入源になっていくだろう。CD売り上げが絶好調な2組が事務所から重宝されるのも頷ける。

「滝沢社長はこの勢いに乗って、今年また1~2組ジャニーズJr.のグループをデビューさせるそうです。そんな中で雑誌編集部やテレビ局が“次のデビューを見越して”青田買いしているのが、なにわ男子と美 少年です。この2組は去年あたりから急激にテレビ出演を増やしている」(同)

さらにジャニーズJr.にオファーが集中しているのには、ほかにも理由があるという。

「やはりYouTubeチャンネルの力が大きいようですね。YouTubeで再生数のいいグループはテレビにも呼ばれやすくなっている。テレビ局も広告代理店も今は特にティーン層(13歳~19歳の男女)やF1(20歳~34歳女性)を意識しています。そうするとやっぱり、YouTubeの再生数というのは一つの大事な指針になるんです。ようはYouTuberがテレビに呼ばれるのと同じ原理で、チャンネルを持ってるジャニーズJr.にも出代が増えているんだと思う」(構成作家)

しかし一方で、ジャニーズJr.にお株を奪われているのが既存のデビュー組だ。King&PrinceやSexyZone、Hey!Say!JUMP、ジャニーズWESTなどのグループは完全に伸び悩んでいる。ジャニーズの内部事情に詳しい人物はこう語る。
引用元:www.cyzo.com(引用元へはこちらから)

「デビューしなきゃよかった」と愚痴るメンバー

「キンプリは平野紫耀が絶好調だけど、そのせいでグループ内格差が広がり続けている。そもそもジュリー社長は平野、永瀬廉、髙橋海人しか売り込む気がなく、残った岸優太と神宮寺勇太は干され状態。SexyZoneはマリウス葉がストレスで倒れ、活動休止。また、Hey!Say!JUMPやジャニーズWESTの一部メンバーからは『ジャニーズJr.ばかりプッシュされて自分たちの出番を奪われている』と不満を漏らす者もいる。あるメンバーは『デビューしなきゃよかった』とすら言っていた。テレビに出られない者はコンサートしか仕事がなく、そのコンサートも新型コロナによって延期や中止を余儀なくされている。ファン離れは必至だし、危機感を募らせるメンバーは多い」(内部事情を知る関係者)

デビュー組はYouTubeチャンネルを開設することもできず、存在感は薄まる一方だ。こうした状況では、さらなる退所者が出てもおかしくない。

「実際問題、Kis-My-Ft2のメンバーからは脱退の話が出ているという噂もある。ジャニーズはテレビや出版社など大手メディアに顔が利くというのが一番の強み。しかし、最近はテレビも出版業界も不況だし、そもそも若年層はテレビも雑誌も必要としていないですからね。退所して自分でYouTubeチャンネルを開設した手越祐也もうまくいっているし、辞めて好きなことをしたほうが生き生きと活動できるタレントもいるでしょう」(同)

2020年のジャニーズは事務所退所者が相次いだが、今年も不満を抱えたタレントたちが一気に辞める可能性は高い。一度始まった瓦解は歯止めがきかないようだ。
引用元:www.cyzo.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者