2021年05月10日更新
二宮和也 ジャにのちゃんねる

嵐・二宮和也、YouTube動画に「赤ちゃんの声が聞こえる」!? 疑惑浮上でジャニーズファン騒然

4月25日より本格始動した嵐・二宮和也のYouTubeチャンネル「ジャにのちゃんねる」。そんな中、同28日に配信された動画に関して、一部ファンが「赤ちゃんの声が聞こえる」などと指摘。今年生まれた二宮の子どもの声ではないかと、騒ぎになっている。

7168
0
4月25日より本格始動した嵐・二宮和也のYouTubeチャンネル「ジャにのちゃんねる」。二宮をはじめ、KAT-TUN・中丸雄一、Sexy Zone・菊池風磨、Hey!Say!JUMP・山田涼介が参加しており、ジャニーズファン以外のネットユーザーの間でも大きな話題となっている。そんな中、同28日に配信された動画に関して、一部ファンが「赤ちゃんの声が聞こえる」などと指摘。今年生まれた二宮の子どもの声ではないかと、騒ぎになっている。

同チャンネルは、4月8日に「芸能事務所からの重大なお知らせ」と題した動画を初投稿。以降は、1週間に1本のペースで「ジャニーズの人からのお知らせ」(15日)、「二宮和也からお知らせ(公式)」(23日)との動画が投稿されていき、25日の「#1幕開け」で、ようやく二宮がジャニーズ事務所の仲間を集めてYouTubeを始めると宣言した。

「二宮は翌日26日の『#2 N丸○一』で、KAT-TUN・中丸にYouTube出演をオファー。中丸には動画の編集も任せるといい、更新頻度については『基本的には週1(回)』を目指すと、話していました。中丸が『誰か編集できる人、あと1人か2人いないと不安ですよ』と言うと、二宮は『じゃあ、(チャンネル登録者数が)20万人いったら』と、条件を提示。以降は菊池、山田がメンバー入りを果たしました。なお、29日にはチャンネル登録者数が200万人を突破し、5月7日時点で、233万人にまで増えています」(ジャニーズに詳しい記者)

開設当初は「毎日更新」を目標としていたが、28日には「すみませんでした!!!!」との動画を投稿。二宮は「今日ですね、19時に動画を投稿しようと思ったのですが、すみません。申し訳ないです。ちょっと編集が間に合わずでですね。19時の投稿の回が21時に……すみません。21時に投稿しますので、ぜひそこまでお待ちください」と、謝罪。グレーのトレーナーにヘアバンドというラフなスタイルで登場し、緊急で撮影したのか、30秒と短い動画となっていた。

この動画の公開から数日が経過した5月上旬、ネット上にある疑惑が浮上。動画の11秒頃に“赤ちゃんの声”が聞こえると主張するジャニーズファンが現れ、多くの視聴者が耳をこらして当該シーンを再生しているようだ。

「二宮といえば、2019年11月に結婚した元女性フリーアナウンサーとの間に第1子となる女児が先日誕生していたことを、今年3月5日に発表し、現在は1児のパパ。動画を見てみると、確かに、二宮がお詫びしている最中、声は小さいものの、『あぅ』といった音が聞こえます。果たして、これが人間の声なのか、それとも別の物音なのかは、判別できません。しかし、ネット上では『ニノの赤ちゃんらしき声が聞こえる。「あうっ」って可愛い』『本当に赤ちゃんの声が聞こえてうれしい!』『あれは家なの? ニノパパ、尊い』と喜んでいるコメントが見受けられます」(同)
引用元:www.cyzowoman.com(引用元へはこちらから)
その一方で、「赤ちゃんの声なんて聞こえない」「ちょうどニノが頭を下げているタイミングで音がするから、何かが擦れた音なんじゃないの?」「赤ちゃんの声が聞こえるとか言ってる人たち、正直怖い」と、否定的な意見も。

また、一部ファンは「赤ちゃんの声が聞こえる動画なんてアップする? 動画に入っているならその場にいるニノにも聞こえただろうし、撮り直しするのでは?」「さすがにいつ泣くかわからない赤ちゃんのいる場所で動画を撮るとは思えない」と、二宮も気をつけているはずだと、捉えていた。確かに、既婚者とはいえ、ジャニーズアイドルが警戒もせず子どもの声をYouTubeで流すとは考えにくいが……。

「『ジャにのちゃんねる』の動画は、配信後でも編集し直しているようです。たとえば、4月28日公開の『#4 全方位完全無欠男』内で、山田の楽屋に二宮や中丸たちが突入するシーンがありますが、靴を脱ぐシーンが編集されているんです。当初の動画では、二宮が靴脱場ではないフローリングの床で靴を脱いでいたんですが、現在の動画だと、二宮が靴を脱いでいる足元はハッキリ見えていません。また、二宮、中丸、菊池が山田の前で正座をしている場面で、当初は『謎星座集団』と、テロップの文字が間違っていたはずが、『謎正座集団』に修正されています」(同)

こうして、アップ後も手を加えることができるのであれば、もし問題の“赤ちゃんの声”が本当だったとしても、音声を消すなどの対応はとれるだろう。真相は不明ながら、今回は何らかの物音である可能性が高そうだ。今後の投稿にも注目が集まる。
引用元:www.cyzowoman.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者