2022年07月01日更新
佐久間大介 SnowMan 休井美郷

Snow Man「爆売れ」のウラで…佐久間大介があの「あざと女子」と匂わせ?

『Snow Man「爆売れ」のウラで…佐久間大介があの「あざと女子」と匂わせ?』についてお届けします!

2527
0
 オリコンが2022年の上半期ランキングを発表し、Snow Manの6thシングル『ブラザービート』が期間内売上85.9万枚でシングルセールス部門の上半期1位を獲得。アーティスト別セールスでも、2位の嵐に10億円近い差を付ける期間内売上60.1億円という圧倒的な数字でトータル1位に輝いたことが明らかになった。

 Snow Manは前年の上半期ランキングでもシングルセールス1位(『Grandeur』)、アーティスト別セールスのトータル1位(期間中売上49.2億円)を制しており、「上半期ランキング アーティスト別セールス部門 トータルランキング」の2年連続1位は男性アーティスト初だという。

 もはや名実ともにジャニーズ事務所を牽引する人気グループとなったSnow Man。7月13日には岩本照主演映画『モエカレはオレンジ色』(7月8日公開)の主題歌を含む7thシングル『オレンジkiss』を発売予定でますます勢いに乗る矢先、メンバーに思わぬ熱愛疑惑が浮上している。

 疑いの目を向けられているのは、Snow Manの前身グループからのオリジナルメンバーである佐久間大介。ジャニーズ屈指のアニメオタクとして知られ、昨年7月には佐賀県を舞台にしたアニメ『ゾンビランドサガ』(TOKYO MXほか)の“聖地”をめぐる冠番組がTVQ九州放送で放送されたほか、今年4月からは文化放送の「アニラジ」枠で冠ラジオ番組『Snow Man 佐久間大介の待って、無理、しんどい、、』がスタートするなど、個人での活躍も目立つ。

 そんな佐久間との交際を匂わせていると囁かれているのが、パン講師でタレントの休井美郷。「あざといは、正義」をキャッチフレーズに、婚活サバイバル番組『バチェラー・ジャパン』シーズン4(Amazon Prime Video)で脚光を浴びた“あざと女子”だ。

「休井は昨年11月、アニメも人気を呼んだスマホゲーム『ウマ娘 プリティーダービー』のコスを唐突に披露したのですが、『ウマ娘』といえば佐久間がかなり入れ込み、“競走馬を買える”ほどの相当な額を課金したというエピソードはファンならば誰もが知る話。休井がそれまで『ウマ娘』に言及したことがなかったため、このあたりから休井と佐久間の関係が一部で怪しまれていましたが、その疑惑がファンの間で広がり始めたのが今年2月頃。

 『マイナビニュース』によるインタビューの中で100の質問に答えるという挑戦をした休井は、『行ってみたい場所は?』という質問に、ウユニ塩湖を挙げました。ウユニ塩湖は、昨年11月16日に放送された『ラヴィット!』(TBS系)で“今行きたい場所”として佐久間が挙げていたボリビアの名所。アニメのオープニングやエンディング映像などでウユニ塩湖で撮れるような“天空の鏡”を思わせるシーンがたびたび見られるため、アニメ好きの間では特別な場所なんです。特に、休井は『あの、あそこ行きたいんですよ! ウユニ……ウユニ……』と地名がうろ覚えだったため、自身が本当に行きたいのではなく、佐久間が行きたい場所だからはっきり記憶してないのでは、と疑われました。さらに2月19日には『美人百花.com』の短期連載で『オタクの彼が振り向く方法』を指南したことで、火に油を注ぐような形に。

 以降もさまざまな“匂わせ”疑惑が指摘されており、5月には休井が『ふーん、そうですかそうですかー いいもーん(拗ねてる)』と彼氏がいるかのような意味深ツイートをしたり、6月には佐久間が公式ブログにさくらんぼの画像をアップしたのとかなり近いタイミングで休井がInstagramにさくらんぼを山梨から取り寄せたと紹介したりしていることで、疑われ続けています」(女性誌記者)

 いずれも偶然の可能性は十分にある。だが、ただの偶然とは言えないような“証拠”写真がネット上に流出したことで疑惑は深まったという。

「今年2月頃に、休井がInstagramのストーリーズ機能で『親しい人』限定で上げたと見られる画像のスクリーンショットがSNSで拡散されました。それはSnow Manの4thシングル『HELLO HELLO』と思しきCDにメンバー全員のサインが入ったものを休井が手にしているというもので、『しあわせすぎ さくちゃんありがとう おつかれさま』というコメントがハートマーク入りで付いていた。服装から去年の秋冬頃のものではないかと見られていますが、なぜ今ごろになって当時のストーリーが出回っているのか謎で、疑問符は付くところです。なお、ファンから質問が殺到したのか、こちらのInstagramアカウントは削除されてしまっています」(同上)

 もっとも、熱愛などではなく、休井が熱烈なSnow Manファンなだけなのでは、という見方もあるという。

「別のストーリー画像もSNSに流出しているのですが、こちらは休井がアイドルをやっていた頃のグループの仲間と集まった写真で、問題になったのが『スノハラ』というコメント。これはSnow Manハラスメント、ファンがSnow Manについて熱く語り過ぎてしまうことを自虐的に言ったものです。そのため休井がただのファンである可能性は高い。ただ、タレントの立場を利用して接近して見えることから、いずれにせよファンからはかなり警戒されているようです。なにせ『あざといは、正義』を自称する女性で、『オタクの彼が振り向く方法』を指南するぐらいですから」(同上)

 些細なことでもファンが“匂わせ”と反応してしまうのは、それだけ人気がある証拠でもある。Snow Manは公式ハッシュタグを提示するなどSNSの活用が巧みで、これがグループの人気を形成する一要因となっているが、そのSNSで広がる“疑惑”にはどう対応していくだろうか。
引用元:www.cyzo.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者