2021年03月08日更新
堂本光一 堂本剛 KinkiKids

堂本光一と堂本剛が「株式会社Kinki Kids」設立?TOKIO方式でジャニーズから独立するとの噂

堂本光一と堂本剛の二人が株式会社Kinki Kidsを設立し、ジャニーズ本体から独立するのでは?と覚醒ナックルズが報じている。真相は?

3523
0
このところジャニーズ事務所『Kinki Kids』(以下、キンキ)が解散するのではないか、という記事が続出。その真偽のほどが取り沙汰されている。各媒体、表現の違いはあるが、堂本コンビの剛のほうがソロになりたがっているという話だ。

「キンキはシングル『硝子の少年』を200万枚超えの大ヒットに導くなど、ジャニーズ事務所の大功労者。だから円満に話し合えば、剛のソロでの独立もあるでしょう。でもジャニーズは他の事務所に移籍させるほど、優しくはないですよ」(ジャニーズライター)

ただ光一のほうも剛とのデュオにこだわりはないようだ。最近、一部テレビ番組で「将来はわからない」と発言。デュオ解散をにおわせている。

「剛はソロシンガー希望、光一は舞台演出などプロデューサーを希望しています。でも両人とも積極的にキンキの解散を望んでいるわけでもない。お互い進みたい道があり、デュオを維持しながら、個人活動もしたいということなんです」(前出・ジャニーズライター)

しかし、一部女性誌は剛が事務所を辞め、単独のソロになることを望んでいると報道。

「仮に剛がソロ活動を重視していた場合、事務所は系列の新会社を設立。そこに剛と光一を所属させるはずです。ジャニーズ内でも優等生とされる2人をわざわざ分裂させるはずはありません。長瀬智也と『TOKIO』の関係と同じです」(前出・ジャニーズライター)

長瀬は来る4月より、ソロミュージシャンとして独立。城島茂を社長として昨年設立された系列会社、(株)TOKIOと契約する見込みだ。長瀬同様に、剛が独立するにしてもジャニーズ事務所は系列会社を設立する方向だという。

「名称はわかりませんが、おそらく㈱Kinki Kidsのような形で新会社が設立すると思います。そこに剛も光一も所属する。そのうえでお互い個人活動。またデュオでも活動するというパターンです。こうして2人のために新会社を作れば、キンキという人気者の流出が防げるわけです」(女性誌記者)

となると、伝えられる剛の独立はどうなるのか。

「事務所を辞めるなんてあり得ません。手越祐也や山下智久のように“ジャニーズ圧”が待っています。剛も光一も40代。しっかり受け皿を用意してもらって独立するはず。簡単に言えば、ジャニーズ内の人事異動です」(前出・女性誌記者)

『Kinki Kids』のファンはひと安心だろう。
引用元:k-knuckles.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者