2021年01月29日更新
横山裕 関ジャニ ヒルナンデス

関ジャニ∞・横山裕の地雷発言に女性層から批判殺到「世の中の母親を敵に回した」「めっちゃ株下がった」

関ジャニ∞の横山裕が、まさかの“地雷発言”によって「世の中の母親を敵に回した」「めちゃくちゃ株が下がった」などと女性層から批判される事態が起きている。

8851
0
関ジャニ∞の横山裕が、まさかの“地雷発言”によって「世の中の母親を敵に回した」「めちゃくちゃ株が下がった」などと女性層から批判される事態が起きている。

横山は、28日に放送されたお昼の情報番組『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)に出演。同日は、横山が現役東大院生でスパイスマニアの印度カリー子さんとともにゲスト宅を訪問し、冷蔵庫にある食材で即興のスパイスカレーを作るという企画が放送された。

今回は、元体操選手で2歳になる娘を育てながらスポーツキャスターとして活動している田中理恵がゲストとして登場。カリー子さんが「長ネギチキンカレー」「ロール白菜カレー」などを次々と作り、その途中のトークで田中の母親としての顔にスポットが当てられた。

年齢的に子どもがグズりやすい大変な時期となっているが、田中は「無理しないってことを一番大事にしています」と育児に前向きな様子。ここで、横山から「ご主人は育児を手伝ってくださるんですか?」という何げない質問が飛んだ。

番組的には、田中が「手伝ってくれます。助かってます」などと返答し、夫婦で協力しながら育児をしている微笑ましい様子がうかがえる和やかな展開になったのだが、この横山の発言が主婦層を中心とした女性視聴者の反感を買うことになってしまったのだ。

ネット上では「育児を『手伝う』って…横山くん、そんな考え方あかんよ」「奥さん働いてるんだから夫も育児やって当たり前」「横山くんが『旦那さん育児手伝ってくれますか?』って聞いてて、めちゃくちゃ株下がった」「これ絶対、世の中の母親敵に回した」といった厳しい声が飛び交い、女性層から横山に批判の声が集まる事態となっている。

近年は夫婦共働きが珍しくなくなったこともあり、家事や育児が「女性の仕事」であるとする旧来の価値観を疑問視する傾向が強まっている。場合によっては、そういった価値観に基づいた発言が主婦層の怒りを買い、猛バッシングにさらされることもある。

今月2日に放送された人気ドラマのスペシャル『逃げるは恥だが役に立つ ガンバレ人類!新春スペシャル!!』(TBS系)でも、妊娠した主人公・みくり(演:新垣結衣)に夫の平匡(演:星野源)が不用意に「何でも手伝う」と発言した途端、みくりが「手伝うって何?」「私がひとりで勉強して平匡さんに指示しないといけないの?」「一緒に勉強して一緒に親になるのが夫婦じゃないの?」などとブチ切れるシーンがあった。

今回の横山の発言に悪意がないのは誰しもわかるところだが、夫婦関係において「手伝う」というワードは非常にセンシティブになっている模様。横山が複雑な家庭環境で育ったことを理由として擁護する声もあるが、ジャニーズ系タレントにとって主婦層は大きな支持基盤ともなっているだけに、彼女たちの逆鱗に触れるような言葉は今後避けた方がよさそうだ。
引用元:entamega.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者