2024年03月23日更新
キンプリ キンキ

ダンス経験者が選ぶ!ダンスが上手いと思うジャニーズメンバーランキング!首位はやっぱりあの人?

時代の変動とともに少しずつ進化と変化を遂げているジャニーズ。今回はそんな男性アイドルの時代を築き上げてきたジャニーズの、ダンスの上手さランキングをご紹介していきたいと思います。

36943
0

20位 松本潤

「嵐にしやがれ」のMJ対決企画でもお馴染みですが、あらゆることを起用にこなすことに長けている松本潤さんは、ダンスも器用にこなしています。24時間テレビでは子供たちとタップダンスを披露するなど、ダンスでリーダーシップも発揮する場面も見せています。
引用元:dews365.com(引用元へはこちらから)

19位 相葉雅紀

これ同じく嵐のメンバーである相葉雅紀さん。「嵐にしやがれ」のコーナーで土屋太鳳さんとパリピダンスを披露する場面では、「覚えるのが遅い」と自負をしつつも、軽快にステップをこなし華麗なダンスを披露していました。パリピダンスのステップは初心者がすぐやるには難易度も高いので、これを軽々とこなすのは「さすが嵐」と言ったところでしょう。
引用元:dews365.com(引用元へはこちらから)

18位 風間俊介

ジャニーズの異端児とも称され、俳優活動の多いイメージの風間俊介さんですが、ジャニーズJrとしてダンスを日々踊っていた経験もあります。Jr時代にはセンターで踊る役割を担っていたこともあるようです。
引用元:dews365.com(引用元へはこちらから)

17位 神山智洋

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ジャニーズWESTのメンバーとして活動し、メンバー内でも一番ダンスが上手いと言われているのが神山智洋さんです。子供のころからダンスを習っていて、アクロバット技や緩急のある動きを披露し目線を集めるスキルが高いと言えます。
引用元:dews365.com(引用元へはこちらから)

16位 中島健人

sexy zoneのメンバー中島健人さん。sexy zoneの中でもひときわダンスにキレを持っており、テレビ番組の中ではダンサーのFISHBOYさんにハウスダンスのステップ”Farmer”をレクチャーされ瞬時に習得するというセンスの持ち主です。
引用元:dews365.com(引用元へはこちらから)

15位 生田斗真

今や俳優・役者としての認知度の方が高いと言われている生田斗真さんですが、実はジャニーズJr時代にダンスもしっかりと経験しています。日本テレビ「おしゃれイズム」では、後輩たちとダンスを披露し、軽々と踊ったにしてもセンスを感じさせる身のこなしをしているため、これからもかつてのように踊る機会があるかもしれませんね。
引用元:dews365.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

14位 坂本昌行

V6のメンバー坂本昌行さん。V6での活動の傍らで舞台俳優としての活躍も目覚ましい人物です。舞台ですからもちろん身体を駆使することが多い分、身のこなしや一つの動きに対するアプローチが繊細で、華麗な踊りをする方です。
引用元:dews365.com(引用元へはこちらから)

13位 平野紫耀

King & Prince、Mr.KINGのメンバーとして活動する平野紫耀さんは、小学2年生のときからダンスを習い始めおり、ダンス歴は同世代と比べても長いと言えます。また日本テレビ「ZIP」では社交ダンスを披露するなど、そのダンスにはしなやかさがあります。
引用元:dews365.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

12位 森田剛

V6のメンバー森田剛さんは、滝沢秀明さんに「ダンスが上手すぎてヤバイ男」と称され、「基礎より魅せ方」、「自分の個性を魅せる上手さ」といった、パフォーマーとしてとても大切なものを持っている方です。ジャニー喜多川社長の右腕として動き、ジャニーズの面接やプロデュースを担っている滝沢さんにそう言わしめるのはよほどなのでしょう。
引用元:dews365.com(引用元へはこちらから)

11位 五関晃一

A.B.C-Zのメンバーで活動をしている五関晃一さんは、メンバーの中でも一番のダンス好きというのはファンの間では周知の事実となっています。また、A.B.C-Zの振付や、同メンバーの橋本良亮のソロ公演の曲で振り付けを担当するなど、すでに踊る側ではなくプロデュースする側にまわっていることからも、ダンスにおける実力の信頼性が伺えます。
引用元:dews365.com(引用元へはこちらから)

10位 錦織一清

少年隊のリーダーとしてジャニーズの総明記を支えてきた人物である錦織一清さん。様々なダンスの分野に詳しいとされていて、これまで多くの舞台を経験してきたそのダンスからは、最上級の質感を感じさせます。
引用元:dews365.com(引用元へはこちらから)

9位 安田章大

関ジャニのメンバー安田章大さんはテレビ番組でブレイクダンスの技である、トップロック、アップロック、スワイプス、チェアーなど様々な技をキレキレで披露しています。また、ムーンウォークを披露した際には大御所ダンサー達に「上手い」と称されたスキルを持っています。
引用元:dews365.com(引用元へはこちらから)

8位 中居正広

スポンサーリンク

スポンサーリンク

皆さんもご存知、元SMAPのリーダー中居正広さん。中居さんは長くジャニーズタレントとして第一線で活躍していますから、これまで経験してきたダンスのジャンルや振付の量は尋常ではありません。また中居さんがよくテレビで披露するダンスはロックダンスの”トゥエルロック”という動きで、ロックダンスを世間一般に広めたという意味でも、中居さんのダンスの影響力は強いです。
引用元:dews365.com(引用元へはこちらから)

7位 千賀健永

Kis-My-Ft2のメンバーとして活動している千賀健永さん。小学生時代にはダンスの全国大会に出場した経験もあり、グループの振り付けを担当することもしばしばだと言われています。大きく一つ一つの動きが丁寧で、しっかりとした身のこなしをしています。また、日本テレビ「ナカイの窓」ではキレのあるブレイクダンスを披露し、、その実力をしっかりと世間にも見せています。
引用元:dews365.com(引用元へはこちらから)

6位 山田涼介

Hey! Say! JUMPのメンバーとしてだけでなく、今や一人のタレントとして映画やドラマの主演を務めるなど、活躍目覚ましい山田涼介さん。彼のダンスはキレはもちろんのこと、間の取り方や身のこなしの綺麗さも含め全体的なバランスが良くレベルも高いです。また、今の俳優業の成果が後か先かは想像に難しいですが、表情やオーラといった気迫の部分の実力もあるように思います。
引用元:dews365.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5位 知念侑李

同じくHey! Say! JUMPのメンバー知念侑李さんがダンスを始めたのは3歳からと言われています。3歳だとすると物心つく前の可能性も大いにありますから、無意識のうちに踊りというもの自体が体に染みついているのかもしれません。運動神経が良く、アクロバットなどの大技も軽々とこなします。Hey! Say! JUMPライブ前にキレキレのフリースタイルのダンスを披露して活気づけるなど、踊ることに関しては特技と言える実力を持っています。
引用元:dews365.com(引用元へはこちらから)

4位 髙橋海人

King & Prince、Mr.KINGのメンバーである髙橋海人さん。ジャニーズ入所以前には、ダンス番組「踊RI場」のストリートダンスコンテスト、グランドチャンピオン大会にダンスチーム「エフフォー」として出場する実力の持ち主で、キレのある鋭いダンスは圧巻です。
引用元:dews365.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

3位 東山紀之

古くは少年隊のメンバーとして活動し、50代に突入した現在もキャスターやドラマの主役など活動の幅を縮めることのない現役バリバリの東山紀之さん。若い頃から続ける毎朝のランニングや腹筋などのトレーニングは、今もなお欠かすことがないといわれ、その年齢を感じさせない身のこなしは若い世代も圧倒する実力です。本人も「衰えを感じていないわけではない」と語っていて、それでもブレない気持ちの強さと、これまでの経験を活かした熟練された動きが素晴らしい踊りにつながっています。
引用元:dews365.com(引用元へはこちらから)

2位 堂本光一

スポンサーリンク

スポンサーリンク

次のページ

まとめ作者