2020年05月10日更新
岡本圭人 HeySayJUMP JUMP #Stupid

Hey!Say!JUMP岡本圭人復帰で親友メンバーと骨肉バトル勃発?新曲「Stupid」で復帰匂わせ

Hey!Say!JUMPの新曲「Stupid」のプロモーションビデオが、5月7日から動画配信サイト『GYAO!』で突如公開され、ファンからは驚きの声があがっている。

4465
0

Hey!Say!JUMP岡本圭人が復帰!?

Hey!Say!JUMPの新曲「Stupid」のプロモーションビデオが、5月7日から動画配信サイト『GYAO!』で突如公開され、ファンからは驚きの声があがっている。

「今までのHay!Say!JUMPにない都会的な雰囲気でクールな曲調。メンバーの伊野尾慧(29)が出演するドラマ『家政夫のミタゾノ』(テレビ朝日系)の主題歌“Last Mermaid…”のビデオが公開されたのでは、という予想を裏切り、まったくアナウンスされていなかった新曲だったこと。さらにメンバーが登場しないビデオとあって、多くのファンが驚いていました。

ビデオでは、メンバーが登場しない代わりに、メンバーカラーが彩られたライトなどが使われたのですが、その中に岡本圭人(27)のカラー・緑のライトがあったんです。

さらにMVの途中には、緑色と思われる椅子が出てきており、これが岡本の存在を匂わせていると話題になりました。ネットでは、“圭人を感じるよね!!!”や“圭人くんを匂わせてる感じとかもほんとにやばい”と非常に盛り上がっています」(女性誌記者)

岡本は、2018年9月から2年間の予定で、アメリカの2年制演劇学校「アメリカン・アカデミー・オブ・ドラマティック・アーツ」ニューヨーク校に留学。その期間は芸能活動を休止することを発表していた。

「予定では、2020年春に卒業する予定だったといいます。しかし、4月28日発売の『週刊女性』(主婦と生活社)によると、新型コロナウイルスの影響でニューヨークでは、3月22日より外出制限令が出され、ロックダウン(都市封鎖)が続いています。それも、当初は4月末までの予定でしたが、5月15日まで延長することに決定。岡本が通っている学校も対応に迫られ、4月に行う予定だった卒業式と、6月に行う予定だった卒業公演が延期になった、と報じています」(前同)

引用元:taishu.jp(引用元へはこちらから)

親友メンバーと骨肉バトル勃発!?

前出の女性誌記者は続ける。

「岡本は留学の集大成となる卒業公演にについて、“帰国が遅くなってでもやりきりたい”と考えているのではないかと『週刊女性』では伝えています。新型コロナウイルスの終息の見通しが立っていない以上、岡本の活躍を再び見られる日はまだまだ先のようです」

予定よりも伸びるが、無事卒業となり日本に帰国すれば、Hay!Say!JUMPとしての活動を再開するのは間違いないだろう。それはファンにとって喜ばしいことに違いないが、心配ごともあるという。

「心配なのは、岡本と山田涼介(27)の関係です。もともと、岡本と山田は大親友なんです。2018年7月3日付『週刊女性PRIME』の記事によると、常にお互いがどこにいるかをGPSで把握しているほどの関係だったそうです。

しかし、アイドルとしての職業意識が高い山田は、私生活での女性関係や夜遅くまで飲み歩く姿がたびたび報じられた岡本の態度が改善されなかったことが気になり、次第に溝ができてしまったというのです。そもそも岡本の留学も、素行不良が理由だったのでは、見方もありますね」(ワイドショー関係者)

岡本の留学が発表された当時のネット上では「やっぱりやまけと(山田と岡本)の仲悪いのかなって思ってきた」や「圭人と山ちゃんの仲が若干疎遠になってる?」との声もあった。

2018年7月28日に放送されたバラエティ番組『いただきハイジャンプ』(フジテレビ系)で、山田は「11年一緒にいるんだから、もう言い訳は一切通用しないから」や「ただの仲良しこよしでやっていける世界ではないからね。待っててよかったって思ってもらえるような存在になって帰ってこないと、その時間は意味のない時間になっちゃう」と留学する岡本に厳しい言葉を送った。

「山田は、メンバーの誰よりも岡本のことを思っているのだと思います。不仲というより、仲が良いからこそ、厳しくしている可能性もあるでしょう。長く同じ釜の飯を食べた同胞の彼に、人一倍期待しているのだと思います。留学を機に、岡本が改心して、プロのエンターテイナーになってほしいと、強く願っているはずです。

しかし、万が一期待外れだったら、山田との溝が深まって、修復不可能になってしまいかねない。山田との関係がどうなるかは、岡本の留学の成果次第でしょうね……」(前出のワイドショー関係者)

親友の成長を願っている山田の期待に、帰ってきた岡本は応えられるのか。日本に帰ってくる“Xデー”が近づいている――。

引用元:taishu.jp(引用元へはこちらから)

ネットの反応

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者