再び炎上!ジャにのちゃんねるに参加したHiHi Jetsに否定的なコメント続出で邪魔者扱い!

嵐・二宮和也、KAT-TUN・中丸雄一、Hey!Say!JUMP・山田涼介、Sexy Zone・菊池風磨が参加するYouTubeチャンネル「ジャにのちゃんねる」が、5月9日に緊急生配信を実施した。

4329
0
 嵐・二宮和也、KAT-TUN・中丸雄一、Hey!Say!JUMP・山田涼介、Sexy Zone・菊池風磨が参加するYouTubeチャンネル「ジャにのちゃんねる」が、5月9日に“緊急生配信”を実施した。この日は山田の29歳の誕生日で、二宮は配信中に本人が駆けつけることを示唆していたが、最後まで姿を現すことはないまま配信は終了。企画を主催した二宮だけでなく、途中から参加したジャニーズJr.内ユニット・HiHi Jetsにも否定的なコメントが寄せられるなど、波乱の展開となってしまった。

 同チャンネルは昨年4月にスタートし、同月29日には登録者数200万人を達成するほど大きな話題に。以降も視聴者は増え続け、このほど326万人を突破。5月8日には、翌日9日の午後9時から山田の誕生日を祝う生配信を行うと告知した。そして当日、「【緊急生配信決定】山田涼介誕生日&326万人突破などなど~色々祝いましょう!!!!」がスタートしたのだが……。

「ふたを開けると、その場にいたのは二宮との中丸のみ。さっそく、二宮が山田の誕生日を祝福したところ、中丸は『どういうことですか? 思ってたのとちょっと違いましたね。4人集まって、山田くんの誕生日とチャンネル登録者数のお祝いみたいなことをやるのかなと思ってた』と困惑。『途中から来るパターンってことですか?』と聞くと、二宮は『もち!』と即答し、そのまま本人不在の誕生日会を始めていました」(ジャニーズに詳しい記者)

 しかし、山田はなかなか現れず、チャット欄でも「山田くんまだ?」「主役は?」といった声が続出。なお、菊池はSexy Zoneのコンサートリハーサルがあったとのことで、開始から25分がたつ頃に登場した。そして配信から34分がたった頃、ようやくFaceTime(ビデオ通話)経由で山田が登場。中丸の「(こちらに)向かってるの?」との問いに、山田は苦笑いしていたが、二宮は「向かってます、大丈夫です」と断言した。

「山田本人は『なんで今日なんだろう? って……』と生配信そのものに戸惑っている様子で、最終的に『どうしても言いたい一言があって。あの……今日は行けなくて本当にすみません!』と、誕生日会には行けないことを謝罪。それでも二宮は、『そんな、主役が来ないなんてことないよ』『彼は来ます、絶対に!』と強調。菊池は、『ヤバいですよ、その手法。山田くん来ないのに“来る来る詐欺”して。(視聴者の)24万人をつなぎ止める』と二宮に忠告していました。実際、チャット欄も次第にいら立ちをあらわにするコメントが増えていったんです」(同)
引用元:www.cyzowoman.com(引用元へはこちらから)
 一方、45分過ぎには、ジャニーズJr.のHiHi Jetsが登場。一度、撮影部屋を出た菊池が、「HiHi Jetsいましたよ」と二宮に報告すると、出演してもらうことに。やって来たのは猪狩蒼弥、作間龍斗、橋本涼の3人で、猪狩は「(生配信を)見てました」とコメント。たまたま同じ建物内にいたことから、生配信への声がかかったという。

 猪狩は、「そこでちょっと待ってたんですよ。『出なよ』みたいになって。オドオドして待ってたら、『呼ぶから』みたいな。『タイミングで呼ぶから』みたいな感じで。僕、見てたんです。ずっとこうやって、いつなんだろうと思って。そしたら、風磨くんが出て来られたじゃないですか」などと経緯を説明していた。

「すると、話を聞いていた中丸は『話長いわりになんか……』とダメ出し。さらに、猪狩が生配信のアーカイブを残す際に『ジャニーズJr.チャンネル』のURLを概要欄に貼ってほしいとお願いすると、『ちょっと図々しいですよね』とチクリ。猪狩が『後輩のこのガッツみたいなの、「図々しい」って言葉でくくっちゃダメです。絶対に!』と食い下がれば、中丸は“最近の若いJr.は自分たちと感覚が違う”といったお説教モードに。さらに中丸は猪狩のメール文章が長いことも指摘し始め、二宮も『話がそもそも長いもんな、お前は』と同調していました。結局、HiHi Jetsは放送中の主演ドラマ『全力!クリーナーズ』(ABCテレビ)もPRし、10分以上の滞在となったんです」(同)
引用元:www.cyzowoman.com(引用元へはこちらから)
 しかし、その間も山田を待っている視聴者からは、「HiHi Jetsはもういいよ。誕生日の本人が来ていないのに関係ない人が来るのは違う」「無名はいいから涼介を出して」「ハイハイは帰らないつもり?」「まだいるの。話が長い」「ハイハイの動画じゃないんだけど」とHiHi Jetsに対する批判的なコメントが続出。

 特に猪狩が率先して話していたことから、「猪狩くん、お口チャック」「図々しい!」「宣伝しすぎ」とすっかり“邪魔者扱い”されてしまったのだ。

「一方で、『HiHi Jetsにキレるのはお門違い』『HiHi Jetsの子たちが心ない言葉をかけられててかわいそう』『巻き込まれたHiHi Jetsが不憫』と同情の声も。結局、最後まで山田が登場しなかったこともHiHi Jetsへの風当たりを強めたようで、『シンプルにHiHi Jetsはいらなかった』という辛らつな意見も見られました」(同)

 配信の最後、二宮と中丸は「皆さんにお集まりいただきましたが、本人が来なかったこと、それを事前に知っていたこと、謝罪したいと思います。ごめんなさい」と視聴者にお詫び。少なくとも二宮は、スケジュールの問題で山田が現場に来られないことは当初から把握していたのだろう。あらためて、山田の誕生日会は仕切り直すと述べていた。

 今回は“釣り”のような企画でファンの期待を裏切った上、後輩のHiHi Jetsまでも災難に巻き込んでしまった二宮。後輩からの信用を失わないためにも、もう少し配慮のある企画を計画するべきなのかもしれない。
引用元:www.cyzowoman.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者