27時間テレビ中止報道でキンプリ『24時間テレビ』の放送が物議「空気読め」「やった方がいい」と賛否

昨年、初の放送中止となったフジテレビ系の恒例の大型バラエティ特番『FNS27時間テレビ』が、今年も中止になったと報じられた。これをきっかけに日本テレビ系の大型チャリティー特番『24時間テレビ』の放送の是非をめぐって、ネット上で賛否が巻き起こっている。

2386
0
昨年、初の放送中止となったフジテレビ系の恒例の大型バラエティ特番『FNS27時間テレビ』が、今年も中止になったと報じられた。これをきっかけに日本テレビ系の大型チャリティー特番『24時間テレビ』の放送の是非をめぐって、ネット上で賛否が巻き起こっている。

『FNS27時間テレビ』は昨年、新型コロナウイルス感染拡大の状況を鑑みて初の放送中止に。今年についても、11日付の「マイナビニュース」(マイナビ)にてフジ側が中止を決断したと報じられた。

局は実施に向けて検討を重ねていたようだが、全国の系列局と協力して制作するという番組の特性や、全国的に感染が再拡大している現状などを考慮し、今年も放送は困難だと判断したようだ。

その一方で『24時間テレビ』は昨年夏に無観客で放送し、今年も8月21~22日に両国国技館にて無観客で生放送することが決定。先日、ジャニーズの人気グループ「King & Prince」の平野紫耀、永瀬廉、高橋海人、神宮寺勇太、岸優太の5人がメインパーソナリティーを務めることも発表された。

だが、東京など4都府県で緊急事態宣言が延長されたことなどもあって、ネット上では放送を疑問視する声が続出。それに加えて、フジが『FNS27時間テレビ』の2年連続中止を決断したことで、日テレに対する疑問の声が拡大しているようだ。

ネット上では「あのフジですら放送を自粛したのに…」「飲食店とかが時短要請されてるのに、テレビで『24時間』っておかしいでしょ」「こんな時期に放送を大々的に発表する感覚が信じられない」「24時間も無理して放送する必要ないのでは」「キンプリは悪くないけど、空気読めてなさすぎ」といった声が。

さらに「募金集めるなら何時間かの特番でも十分だろうから何か裏がありそう」「スポンサーがいるからどうしても24時間やりたいのかな」といったうがった見方をする人もおり、厳しい視線が向けられているようだ。

一方、昨年の放送で集まった募金総額約8億6千万円が新型コロナウイルスと最前線で闘っている医療従事者や、ウイルスの影響を受けやすい高齢者・障がい者を意識した支援活動にも使われたことで、SNSなどで「やらないよりもやった方がいい」「放送して助かる人たちがいるならやるべき」「完全にバラエティの『27時間テレビ』と違って、24時間テレビは放送する意義がある」と理解を示す声も上がっている。

また、昨年も放送をめぐって賛否が起きたが、結果的には感染対策を徹底して大きな問題なく放送をやり遂げ、おうち時間を過ごす人が多かった影響によって例年以上の視聴率と募金総額になったという経緯もある。

ただ、番組が放送される3カ月後に世の中がどうなっているのかすら不透明な部分があり、状況によっては『24時間テレビ』への批判の声がさらに高まっていく可能性がある。毎年のように物議を醸している問題ではあるが、今年はいつも以上に激しい賛否の議論が巻き起こることになりそうだ。
引用元:entamega.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者