2018年04月25日更新
ジャニーズ事務所 山口達也 TOKIO

【ジャニーズの闇ルール】TOKIO 山口達也メンバーの表記には理由があった!「容疑者」は使わない

TOKIO 山口達也メンバー 強制わいせつ容疑で書類送検された事件で、TOKIO 山口達也メンバーの表記に違和感。そこにはジャニーズ事務所の闇のルールが存在した模様

77688
0

TOKIO 山口達也メンバー 強制わいせつ容疑で書類送検

人気グループ「TOKIO」の山口達也メンバーが自宅マンションの部屋で女子高校生に無理やりキスをするなどの行為をしたとして、警視庁は強制わいせつの疑いで書類送検しました。
引用元:www3.nhk.or.jp(引用元へはこちらから)
捜査関係者によりますと、「TOKIO」の山口達也メンバー(46)はことし2月、東京・港区の自宅マンションの部屋に女子高校生を呼び出し、無理やりキスをするなどのわいせつな行為をした疑いが持たれています。

引用元:www3.nhk.or.jp(引用元へはこちらから)
捜査関係者によりますとこれまでの事情聴取に対して事実関係を大筋で認めているということで、警視庁は強制わいせつの疑いで書類送検しました。

関係者によりますと山口メンバーの所属事務所と被害者側が話し合った結果、被害届を取り下げる手続きを行ったということで、今後、検察が調べるものとみられます。
引用元:www3.nhk.or.jp(引用元へはこちらから)

被害者の女子高生は「Rの法則」の出演者

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ジャニーズ事務所「被害者に誠心誠意謝罪し和解」

関係者によりますと山口メンバーの所属事務所と被害者側が話し合った結果、被害届を取り下げる手続きを行ったということで、今後、検察が調べるものとみられます。
引用元:www3.nhk.or.jp(引用元へはこちらから)

話し合いで被害届を取り下げる手続き

ジャニーズ事務所は「お酒を飲んで、被害者の方のお気持ちを考えずにキスをしてしまいましたことを本当に申し訳なく思っております。被害者の方には誠心誠意謝罪し、和解させて頂きました」

TOKIO 山口達也"メンバー"の表記に疑問

TOKIO 山口達也メンバー という見慣れない表記に不思議に思った人も居たはず!

本来ならば、TOKIO 山口達也容疑者 と、なるのですが、、、

それもそのはず。この表記はジャニーズ事務所の闇ルールが絡んでいたのです!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

4月25日夕刻にNHKが最初に報じたが、同局では山口達也の名称を<人気グループ「TOKIO」の山口達也メンバー>とした。また、民放各局の夕方のニュース番組もこの事件を扱ったが、いずれも<山口達也メンバー>で統一されていた。
引用元:wezz-y.com(引用元へはこちらから)

「メンバー」の表記は以前にも。遡ること2001年8月

2001年8月に、当時SMAPとして活動していた稲垣吾郎(44)が公務執行妨害と道路交通法違反で現行犯逮捕されたときの報道である。当時、稲垣吾郎の逮捕は同じようにテレビ各局のニュース番組で報じられたが、<「SMAP」の稲垣吾郎メンバー>という呼び方をされていたのだ。
引用元:wezz-y.com(引用元へはこちらから)

これにはジャニーズ事務所の闇の深いルールが存在

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

次のページ

まとめ作者