2024年03月21日更新
証言 KinKiKids 堂島孝平

KinKi Kidsをよく知る堂島孝平が2人の仲を証言 「互いがいないときに相手の話よくしますよ」

彼らがパーソナリティーを務めるラジオ『9月なのに突然ですがKinKi Kids生放送!』(NHK FM)で『N album』の共同プロデュースを担当している、シンガーソングライターの堂島孝平がゲストにきたときの話。

19935
0

通算15枚目となるニューアルバム『N album』を9月21日にリリース

シングル曲「薔薇と太陽」「夢を見れば傷つくこともある」「鍵のない箱」も収録された、デビュー20周年にふさわしい豪華な仕様

堂島はこれまで「カナシミブルー」「Secret Code」などの楽曲に携わっている

01年から放送されていたKinKi Kidsの冠番組『堂本兄弟』(フジテレビ系)のレギュラーを務めたこともあり、KinKi Kidsと関わりの深い人物

スポンサーリンク

スポンサーリンク

そんな堂島は光一、剛からスタジオに招かれるが、2人は「あんまり紹介しません!」と宣言。その後も散々イジられる堂島は、「本当イヤな予感してたんだよねぇ。大体しゃべらせてくれないじゃん!」と、すっかりKinKi Kidsのペースに飲み込まれている
番組には、堂島が以前、KinKi Kidsを「補完関係」と表現したことについて、リスナーから「その時一体なにがあったのでしょうか?」との質問が届く

スポンサーリンク

スポンサーリンク

これは堂島が自身のTwitterで、「KinKi Kids Forever …マジで」「世の中にあれ以上の補完関係ってあるんでしょうかね」とつぶやいていたもの
ここで堂島は「マジメに聞いてもらえないと、ちょっと話せないな」と2人に反撃し、剛から「ちゃんと聞きます!」と言われ、ようやく話し始めた

『N album』のレコーディングにはほとんど立ち会ったという堂島

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「陽炎~Kagiroi」だけは仕事の都合で立ち会えず、あとから完成品を受け取ったのだとか
「それを聞いて、KinKiってすげえいいなって思っちゃったんですオレ」と言う堂島は、ユニゾンパートが少ないにもかかわらず、「歌いつないでいくリレーの仕方っていうのが、2人にしかできないなと思って」と絶賛し、それが「補完関係」の真意だったと語っていた
2人のレコーディング風景について「お互いがいないときに、相手の話よくしますよ」とも。これに対し光一は、「彼だったらどういう歌い方するのかなあ、みたいなことを想像しながら歌わないといけないかなあ」と、1人のレコーディングでも剛のことを意識していると語り、剛も「してますね、普通に」とサラリ
同時に収録しなくても声が合ってしまうことについて、3人とも「気持ち悪いな……」と笑いながら嘆いていた

スポンサーリンク

スポンサーリンク

最後には、『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)でパフォーマンスした「ホタル」を生歌で披露。今までグダグダなトークを繰り広げていたとは思えない、完璧な歌唱でリスナーを魅了し
少しずつ内容が明らかになってきた『N album』。今回話題となった「陽炎~Kagiroi」「ホタル」だけでなく、KinKi Kidsの魅力が凝縮したアルバムとして語り継がれそう

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者