SixTONES高地優吾がラジオで不適切発言を謝罪…さらにブログでも…

8月15日に生放送されたラジオ番組『らじらー!サタデー』(NHKラジオ第1)で、SixTONES・高地優吾が“不適切発言”を口にして、番組中に謝罪する一幕があった。

6843
0
同番組の午後10時台は、SixTONES、Snow Man、Travis Japanメンバーが週替わりでパーソナリティを担当。15日はSixTONES・高地と京本大我が務め、2人が“指令”を受けるコーナーで問題が発生した。前週に出演したSnow Man・阿部亮平と向井康二から「スタッフさんが『いいよ』って言うまで、しりとりで会話し続ける」とのお題を受けて、「しりとりで会話しようね」(高地)「ねむいなぁ~」(京本)と、会話がスタート。その途中で高地が「『ちびくろサンボ』って知ってる?」と発言し、「ルーマニアの?」(京本)「ノーノーノーノー」(高地)「ウケる」(京本)という流れのあとに終了となった。
引用元:www.cyzowoman.com(引用元へはこちらから)
その後、リスナーのリクエストでSexy Zoneの楽曲「ぎゅっと」をかけた後、高地が「先ほど、しりとりのコーナーの中で、不適切な発言があったことをお詫びいたします。申し訳ありませんでした」と謝罪。以降は通常通りの進行に戻った。
引用元:www.cyzowoman.com(引用元へはこちらから)
高地は放送翌日の16日にジャニーズ事務所公式携帯サイト「Johnny’s web」の個人連載「優吾のあしあと」を更新し、「発言申し訳ありませんでした」と、あらためてお詫びした。「童話としか思ってなかった」「反省します」などと、詳しい事情は知らなかった旨を説明。メディアの力が大きいことは理解しているといい、今後も勉強に励むと、気を引き締めていた。
引用元:www.cyzowoman.com(引用元へはこちらから)
「高地自身も『童話としか思ってなかった』とつづっていますし、やはり不適切だと判断が下ったのは『ちびくろサンボ』発言である可能性が高いでしょう。『NHKラジオ らじる☆らじる』にて期間限定の聴き逃し配信が行われているものの、こちらでは例のしりとりコーナーと、高地の謝罪コメントはカットされていました。
引用元:www.cyzowoman.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者