【大改革】ジャニーズ事務所、ジュニアの年齢制限を導入!  満22歳を迎えると「卒業」制度

ジャニーズ事務所は16日、公式サイトにてジャニーズJr.の制度を一部改定したことを発表。ジャニーズJr.の活動は、満22歳到達後の最初の3月31日までとなる。

6834
0
同社はジャニーズJr.の制度について「ジャニーズ事務所が目指すエンターテイメントに欠かすことができないアイドル・タレントの発掘と育成を目的に、ジャニーがプロデューサー人生を通して大切に築き上げてきたもの」としたうえで「昨今においては、このような恵まれた環境であるが故に、一般的に人生の岐路と言われる年齢を迎えたジャニーズJr.が、適切な進路を決定し難くなっているのではないか、ということも同時に懸念されるようになってまいりました」と説明。

検討の結果「ジャニーズJr.の活動は、アイドル・タレントとしてデビューを目指すことが大前提であるという基本に改めて立ち返ると同時に、個人の適切な進路決定の確保といった観点からも、この度、ジャニーズJr.の活動において、一定の年齢制限を設けることといたしました」と今回の制度の経緯を明かした。

そして、「満22歳到達後の最初の3月31日までに、ジャニーズJr.としての活動継続についてジャニーズ事務所との合意に至らない場合は、ジャニーズJr.の活動としては同日をもちまして終了とさせていただくことといたします」と22歳での“卒業制度”を報告。

同制度は、2023年3月31日より適用され、「現状において、上記適用開始日に22才以上のメンバーが所属するグループ及び一部の個人につきましては、すでにジャニーズJr.としての活動継続について弊社と合意させていただいております」としている。
引用元:mdpr.jp(引用元へはこちらから)

事務所の発表全文

22歳超えた場合、「本人が継続希望」「事務所が継続を認める」→この2つの条件をクリアすれば
活動は続けられます

みんなの反応

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者