ジャニーズ事務所が声明「被害者ではない人間が虚偽の話をしています。報道機関は十分に検証してください」

ジャニーズ事務所は、9日に公式サイトで「故ジャニー喜多川による性加害に関する一部報道と弊社からのお願いについて」と題する声明を発表しました。

685
0

目次閉じる

ジャニーズ事務所は、9日に公式サイトで「故ジャニー喜多川による性加害に関する一部報道と弊社からのお願いについて」と題する声明を発表しました。声明では、報道されているジャニー喜多川元社長から性加害を受けたという被害者の証言について、虚偽の話がされている可能性があると指摘し、報道各社に対して「十分な検証」を要望しています。

ジャニーズ事務所は、被害者の証言が相次いで報道されていることを受け、事実を確認するために再発防止特別チーム及び被害者救済委員会という独立した第三者に任せる姿勢を示しています。そのため、報道の中で具体的に告発されている内容については、事務所自体が情報を認識していないと述べ、コメントを控えていると説明しています。

これは、被害者を保護し、人権を尊重するための措置であり、10月2日に発表された被害者救済の方針に基づいているとしています。そのため、報道各社の問い合わせに対しても、全てに応じていない状況であることを説明しています。

Twitterより

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者