2024年03月24日更新
Thisis嵐 オンライン配信

『This is 嵐』ライブ配信が録画禁止 →厳しすぎるとファン困惑、法的には1年以下の懲役

 12月31日、2度目のオンラインライブとなる『This is 嵐』を行う嵐。この日をもって活動休止となるため、5人そろったステージを目に焼き付ける最後のチャンスだ。

13053
0

目次閉じる

『アラフェス』も『This is 嵐』も、12月24日時点でDVD化される予定はない。そのため、嵐の“最後の日”をなんとしてでも記録したいというファンもいる。

「DVD化の可能性もありますが、念のためオンラインライブを録画しようと思います。スマホに内蔵された画面録画機能かパソコンの専用ソフトを使って映像を保存し、正月休みにじっくり堪能しようかと」(別のファンのひとり)

 ただ、ここで注意が必要。前出の特設サイトには、次のような一文がある。

《配信映像の撮影・録音・録画及び宣伝行為などの転用利用を一切禁じます》

 通常のコンサートや映画でも禁止だと注意喚起されている行為。しかし、主に自宅で楽しむオンラインライブの場合は、誰にもバレずに録画できてしまいそうだが……。
引用元:news.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)
「規約上禁止されているため、画面を録画する行為自体が契約違反となります。運営者側は、録画が発覚したタイミングで、その人に対するライブ配信を中止するなどの措置がとれます。また、録画の転売については著作権法に触れ、該当する行為によっては1年以下の懲役または100万円以下の罰金、または両方という刑罰の対象になります」
引用元:news.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

みんなの反応

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者