2024年03月23日更新
記者会見

【嵐 記者会見】大野くん「解散はしない」活動再開時期などは?記者会見内容まとめ

2019年1月27日ジャニーズ事務所所属のアイドルグループ『嵐』が2020年をもって活動休止を発表。記者会見内容についてまとめました

5342
0

嵐が2020年に活動休止を発表

人気アイドルグループの嵐が、自身のファンクラブサイトで2020年いっぱいで活動を休止することを発表し、メンバー5人が、27日夜に記者会見を行った。
引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

大野くんの記者会見コメント

本日はお忙しい中、急なご案内にも関わらずお集まりいただきありがとうございます。さきほどファンの皆様に向けてコメントを発信しました。あらためて嵐は2020年12月31日をもってグループとしての活動を休止させて頂くことになりました。
大変勝手ではありますが、僕たちの口からお伝えさせていただきたくこの場を設けさせていただきました。本日はよろしくお願いします。

あらためて、この結論に至った経緯は?

2017年6月に僕はメンバー4人に集まってもらい、自分の思い、気持ちを話させてもらいました。自分の嵐としての活動をいったん終えたいと。自分の想いとしては、自由に生活を一回したいと4人に伝えて、その後何度も話し合いをかさねて期限を2020年をもって、嵐を休止するという形になりました。

あらためて、この結論に至った経緯は?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

2017年6月に僕はメンバー4人に集まってもらい、自分の思い、気持ちを話させてもらいました。自分の嵐としての活動をいったん終えたいと。自分の想いとしては、自由に生活を一回したいと4人に伝えて、その後何度も話し合いをかさねて期限を2020年をもって、嵐を休止するという形になりました。

話し合いはどういう形で?どこで納得した?

2017年6月に初めて4人に集まってもらい自分の気持ちを伝えた後はメンバー一人一人と個々に会って聞いて、そのあと5人で集まって、それを結構な回数ですが、何度も何度も話し合って、最終的に事務所の方を交えて話し合いをして、2018年2月に事務所の方に報告して、それからまた話し合いを重ねて2018年6月に結論いたしました。

ファンに出されたメッセージで「自由な生活したい」というのは?

具体的に何がしたいか、僕の中では決まっていることではないが、ちょっとなんていうか自由な生活というのは、もちろん、この世界を一度離れてみて、今まで見たことない景色を見たいというか、普通の生活を今まで経験してない、そういうことに興味というか、そういうことであるが、何がやりたいというのはないですけど。

ジャニーズ事務所のタレントであり、嵐の一員であると?

最初は活動を終えたいと報告したときに終えたいという思いになったときに、事務所を辞めなくてはけじめがつかないと思っていたが、話していく中でお休みということでよいのではないかという形になったので、所属は所属だが、自分のやりたいことは見つかってないが、ゆっくり休んで考えたいなと思っております。

大野さんの想いについてきっかけは?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

きっかけというのはないというか、いつ思ったのかというか、だいたい3年くらい前からそういう気持ち、思いが芽生えて強くなっていったというのが現状というか。

ハワイの公演が終わった後?

そのあたりからちょっと自分の気持ちに変化が表れてきてしまって。

ハワイの景色は特別でしたよね?

そうですね。日本に戻ってきて、そこから15周年終わってから、自分の中で仕事して、個人仕事もやらせてもらう中、徐々にそういう気持ちが芽生えていきましたね。

達成感?

達成感は10周年の時だったり、15周年ときもありましたけど、やり切ったという感覚はなかったが、その時はハワイの時もそういう気持ちはなかったが、本当に徐々になんですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

大野さんは2021年、芸能活動はお休み?

そういうことです。一回自分を見つめなおす期間というか、立ち止まってみようかなと。

何年くらい?

そこまで具体的なことは考えてないが、2020年いっぱいまで嵐として走りぬいてから、その時の自分の気持ちや休んでいる中で自分の思うことが出てくると思うので、今はわからないです。

だいたいでもどれくらい?

本当に、決まってない。すみません。

疲れてお休み?

疲れたとかではない。一回立ち止まって自分を見つめなおしたいというのがでかい。疲れているとかではない。

解散ではない?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

解散ではありません。

活動再開はいつごろになる?

大野「いつまでとかはなくて。具体的には…」

櫻井「具体的には決まってないでしょ」

他のメンバーも「決まってたらここで教えてほしいよ」

大野「そうですね。具体的には…」

大野くんから活動休止の話を聞いたときは

二宮くん

いや衝撃でした。考えていなかったので、本当に言われて驚いた

やっぱり僕らがずっと言っていたことっていうのは、4人でも6人でも嵐ではないと、

我々はすごく思っている
自分たちの嵐っていう世界の中での価値の基準の中で戦っていたグループである

だから5人でなきゃ嵐じゃないだろう、5人じゃなきゃ100%のパフォーマンスできないだろうと、今回リーダーのその思いを尊重する形で、結論に至ったっていうのが個人的な目線ではありますけど、みんなで話し合っていく中での決め方ですね。

櫻井くん

この話をする前日に食事をしているときに、グループLINEで(大野から)『話をしたい』と来ました。そのときに、もしかすると、これは相談というよりも何か意思の決まったことなんだなと思った。嵐というグループはもちろん大切ですが、一人の人生を縛ることもできないと思いました。どれだけ時間を掛けても全員で着地点を決めないとと思った

櫻井くんは大野くんを引き止めたのか?

引き留めたという立場でもないです。大野の思いを理解したというところで、じゃあそれで他の4人の思いをきちんと着地させるのはどこだろうと、沢山時間をかけてさがしていかないといけないなと、その瞬間に思いました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

松本くん

僕は常々グループ活動を続けることは、メンバーの強い意志があって初めてグループっていうのは続けられるものだとずっと思っていたので、さっきもおっしゃっていただきましたけど、僕らは10周年の時にたくさんの方に祝っていただいたり、国立競技場でライブやらせて頂いたりとか。

その中で自分たちがいろいろなことを経験させていただく中で、次になにやろう、次に何やろうってみんなで話し合って進めてずっと来たんですけど、その中で大変だと思うことも正直ありました。

そんな中で、自分たちがいい形であるうちにグループを閉めるということを実際考えたこともあったし、その話をメンバーにしたこともありました。具体的にこの時期にしたいとそういうことはなかったですけど。
なので一番最初にリーダーに呼ばれて話を聞いたときに、僕は驚きはしませんでしたね

相葉くん

僕はひっくり返りましたね。
まさか、と。
こういう生活が当たり前だとは1回も思ったことがないですけど、まさかこんなに、こう現実で突き付けられたときは最初は準備がいりましたし、どうにかリーダーと2人でお話しする中で、どうにか嵐を続けていける方法はないのかなとリーダーにも相談したりもしました。
リーダーともみんなとも何回も話し合いを続けていく中で、ちょっとでも同じ方向を向いていないリーダーをずっと付き合わせるのは違うなと思いましたし、そこで一人欠けてしまってはやっぱり嵐としては難しいと思ったので、リーダーの意見を納得してそっちの方向で進めていこうということになりました。

この結論はすぐに出したわけではない

櫻井くん

時間はかかりましたよ、当然。すぐの結論ではないですしやっぱり。17年6月から年明けて2月までですから数か月間、ずっと話し合いを何回も何回もしてたということです。

記者会見の動画はツイート元で再生可能

スポンサーリンク

スポンサーリンク

記者会見にみんなの反応は?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者