Hey!Say!JUMPが公開処刑される!? 城田優と高木雄也が舞台でW主演も実力差を不安視する声

来年5月に日生劇場で上演されるミュージカル『ブロードウェイと銃弾』に、俳優の城田優とHey!Say!JUMPの高木雄也がダブル主演されることが発表された。

2238
0

城田優と高木雄也が舞台でW主演も実力差を不安視する声

来年5月に日生劇場で上演されるミュージカル『ブロードウェイと銃弾』に、俳優の城田優とHey!Say!JUMPの高木雄也がダブル主演されることが発表された。2014年にブロードウェーで上演された同作は、ニューヨークを舞台に俳優たちが成功を目指して奮闘するコメディ作品。

日本版は演出を福田雄一が務め、2018年に城田とミュージカル俳優の浦井健治がダブル主演で初演した。この作品での芝居が評価された城田は菊田一夫演劇賞を初めて受賞。今回の再演も、橋本さとしや平野綾、鈴木壮麻など、ミュージカル好きにはおなじみの実力派が集結したが、そこになぜか投入されたのが高木だ。

「ジャニーズファンは湧き立っているが、舞台好きは首をひねってますよ(苦笑)。初演の浦井健治はミュージカル俳優として確固たる地位を築いている人で、実力はお墨付きなのに、その役がなんで高木になったのか不思議です。高木はジャニーズの中でも特に歌がうまいイメージもないですし、実際に彼が歌唱しているシーンを確認しましたが正直不安しかない。確かに福田雄一さんのミュージカルは、あえてミュージカル俳優じゃない人を起用する作品もあるんですが、『ブロードウェイと銃弾』は正統派のミュージカル。ミュージカル俳優として評価が高い城田と並んで歌ったときに、高木が公開処刑のような状態にならないといいですが……」(演劇ライター)

ジャニーズにはこれまでもミュージカルに挑戦してきたタレントが数多くいるが、その評価もまちまちだという。

「ジャニーズにもミュージカル俳優路線のタレントがたまにいます。元・光GENJIの赤坂晃もそうでしたし、最近だと堂本光一もそうです。しかし、正直彼らも本格派のミュージカル俳優と並んで歌うと、どうしても歌唱力で見劣りするんですよね。そういう意味で、まわりの俳優に負けないくらい成功しているのはV6の坂本昌行とSixTONESの京本大我くらいですかね。最近だとHey!Say!JUMPの薮宏太やKis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔がミュージカルに挑戦しましたが、やっぱり声が細くてどうにもこうにも……という感じ」(同)

しかし、ミュージカルにおいてはずぶの素人である高木に、こんな大役がめぐってきたのはなぜなのか? そこにはジャニーズの“悪しき伝統”が見え隠れするという。

「昔からジャニーズはまずテレビドラマで俳優として開花するか試します。そこで成功すれば映画にステップアップする。しかし、ドラマでの需要が見込めなくなると、今度は舞台で試してみる。V6の森田剛なんかは、このパターンで成功して映像での需要も増えました。高木はテレビドラマでまったく成果を残せず、かといってバラエティ番組で活躍することもできないので、今は舞台で実力を鍛えているターンに入っています。舞台俳優として認められれば今後も安泰ですが、それがダメならジャニーズももう売りようがないでしょう」(芸能記者)

高木にとっては今が正念場。はたして、本格ブロードウェイミュージカルの舞台で爪痕が残せるのだろうか。
引用元:www.cyzo.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者