なにわ男子をジャニーズWESTがライバル視!自虐ネタも笑えないほどの事務所内格差とは

ジャニーズJr.でありながら冠番組を持つなど異例の活躍を見せている「なにわ男子」。彼らをジャニーズWESTがライバル視していると公言し、ファンの間で話題となっている。

3031
0
 ジャニーズJr.でありながら冠番組を持つなど異例の活躍を見せている「なにわ男子」。彼らをジャニーズWESTがライバル視していると公言し、ファンの間で話題となっている。

 これは7月1日放送の『VS魂』(フジテレビ系)での発言。番組冒頭のオープニングトークで、「ジャニーズ事務所内でライバルとして挙げるなら誰?」という質問が飛び出した。

 これに真っ先に答えたのが、レギュラー出演しているジャニーズWESTの藤井流星。「これちょっと大人気ないんですけど……」と前置いた上で「なにわ男子です」と後輩の名前を挙げてスタジオを笑わせた。

 なにわ男子の活躍ぶりは事務所内でも認知されているようで、「キャプテン」の嵐・相葉雅紀は「今グイグイ来てるよな!」「すごい目にすんのよ」とコメント。それを受けて藤井は「他局なんですけど、熱闘甲子園も」と、なにわ男子が朝日放送テレビ・テレビ朝日系『熱闘甲子園』​テーマソングを担当することになったと話した。これに相葉が「関ジャニ∞がやったもんね、歌」と反応し、Sexy Zone・佐藤勝利が「あれ、WEST、前やってなかったですか?」と質問すると、藤井は「飛ばされたんすよ!」と訴えていた。

「ジャニーズWESTはバラエティ番組でよく“自虐キャラ”をやっており、2019年に『しゃべくり007』(日本テレビ系)に初出演した際には自分たちを『崖っぷちアイドル』と呼び、後輩のKing & Princeについて『すごい勢いでブチ抜かれてる』と差を付けられていることを笑いに昇華していました。その意味では今回の発言も“通常運転”なのですが、さすがに“デビュー前”のジャニーズJr.を相手に自虐をするのはちょっと……。それだけなにわ男子の勢いがすごいということでもあるんですが」(アイドル誌ライター)

 関西ジャニーズJr.のなにわ男子は、2018年に結成されたばかりだが、グループでの主演ドラマ、全国ネットの冠番組、CM出演など、その活躍ぶりは「まだデビューしてなかったの?」という声も上がるほど。7月からは全国アリーナツアーを予定しており、デビュー目前とも囁かれる。

「この『熱闘甲子園』​テーマソングは14年に関ジャニ∞が担当したほか、18年には嵐が担当しているが、ジャニーズJr.の起用は異例中の異例。2年前の『しゃべくり007』ではキンプリについて『あいつら事務所の期待値えぐい』と言ってましたが、今の事務所のイチオシはまさになにわ男子です。藤井の発言は、そうした空気感に影響されている部分もあるでしょう」(芸能誌記者)
 
 『熱闘甲子園』は朝日放送テレビとテレビ朝日の共同制作とされているが、全国ネット部分は朝日放送が主に制作を担当している。この朝日放送との関係性も、ジャニーズWESTにとっては“モヤモヤ”しかねない要因のようだ。

「なにわ男子も19年4月からABC(朝日放送)の報道・情報番組『キャスト』でレギュラーリポーターに起用されてはいるが、付き合いは当然ジャニーズWESTのほうが長く、2015年~2016年には彼らのレギュラー番組が続いたし、『教えて!ニュースライブ 正義のミカタ』には中間淳太がパネラーとしてレギュラー出演中。そして昨年10月からはふたたびグループでのレギュラー番組『あなたの代わりに見てきます!リア突WEST』が始まっています。

 その関係性を考えれば『熱闘甲子園』のテーマソングはジャニーズWESTが担当してもおかしくないのに、選ばれたのがよりにもよってJr.のなにわ男子だったのは複雑でしょう。1クールながら全国ネットの冠番組『なにわ男子と一流姉さん』を持たせてもらえたり、現在も『まだアプデしてないの?』が放送中と、テレ朝でプッシュされているなにわ男子のほうがやはり“上”なのでしょうね」(同上)

 なにわ男子の厚遇ぶりを見れば、藤井が「大人気ない」とわかっていてもジャニーズJr.の彼らを「ライバル」だと言ってしまったのは仕方ないことだったのかもしれない。
引用元:www.cyzo.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者