2021年05月21日更新
手越祐也 NEWS パーナ

手越祐也の矛盾発言にNEWSファンから批判と同情の声殺到「もう話題にするな」「疎遠ってことでしょ」

元NEWS・手越祐也が18日、横浜スタジアムで行われた「横浜DeNAベイスターズ」対「中日ドラゴンズ」戦での始球式に参加。終了直後の取材が話題だ。

4931
0
元NEWS・手越祐也が18日、横浜スタジアムで行われた「横浜DeNAベイスターズ」対「中日ドラゴンズ」戦で“人生初”となる始球式に参加。終了直後には報道陣の取材にも応じた。

横浜出身の手越は、背番号「1054(てごし)」のユニフォームに袖を通してグラウンドに登場。渾身の投球はワンバウンドしたものの、駆けつけた野球ファンを盛り上げ、本人も「出る前からすごいワクワクしましたし、皆さんが温かく迎え入れてくれて、リラックスして投げることができました。マウンドは独特の、神聖な雰囲気がありましたね。暴投は絶対にしたくなくて、低めに投げるという目標は達成できました。大切な思い出ができました!」と満足げだった。

昨年6月の独立会見から1年弱。着実に活躍の場を広げている手越。囲み取材では、NEWSのメンバーたちの話題があがる一幕もあり「疎遠になったわけではない。僕は僕のフィールドで、メンバーもメンバーのフィールドで。お互いに切磋琢磨しながら高め合っていければ」と笑顔で語った。

また、報道陣から「次は横浜スタジアムでライブ?」と期待の声があがると「もちろんやりたい!」と即答していた。
引用元:www.oricon.co.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者