2020年10月28日更新
なにわ男子 美少年 ジャニーズJr

なにわ男子はGoTo利用でMステ出演…一方セリフ棒読みでも映画主演の美少年に格差指摘の声殺到

先日放送された『ミュージックステーション2時間スペシャル』になにわ男子を始めとする関西ジャニーズJr.たちが大勢出演しましたが、なんと彼らは「GoToトラベルキャンペーンを利用して上京していたそうです。

5407
0
10月20日『関西ジャニーズJr.のバリバリサウンド』(FM大阪)でせつない発言が飛び出した。内容は前週に放送された『ミュージックステーション2時間スペシャル』(テレビ朝日)について。当日は東西のジャニーズJr.総勢67人が六本木EXシアターから生出演。関西在住のジャニーズJr.たちは「GoToトラベルキャンペーン」を使って六本木に来たという。

関西Jr.の人気ユニット・なにわ男子は、関ジャニ∞大倉忠義と横山裕が人選しプロデュースも担っている。偏愛や直感でグループを作るジャニー喜多川と違い、大倉と横山はロジカルだ。『なにわ男子』は、それぞれバラバラに入所し、各年度でより顔面偏差値が高い子が集められた。このビジネスライクな人選に、当初は古参の関西Jr.ファンからも批判の声があがっていた。しかし、とにかく顔が良くキャラクターも立ったメンバーが揃っているため、一般ウケは抜群。いまや東京のJr.より人気が高く、全国ネットの初冠番組『なにわ男子と一流姉さん』(テレビ朝日)の放送も決定した。

この冠番組の宣伝もかねていた『Mステ』出演は、なにわ男子が主役ともいえた。とすると、関西在住の彼らが、大阪のライブハウスから生中継してもよかったはずだ。しかしGoToで安く東京に来られるからなのか、なにわ男子のほかにAぇ! GroupやLilかんさいまでもを六本木に集結させるという大盤振る舞い。

当の番組は、東京Jr.の新ユニットお披露目まで混ざってカオス状態に。カメラで東西Jr.67人を映すとなると自ずと引きの画が増え、どの子の顔もよく見えない内容となってしまった。せっかく大阪から出てきた関西Jr.も、顔がうつるのはほんの数秒で、なんとも気の毒な結果に。

そういえば、2019年8月8日の東京ドームコンサートにも関西ジャニーズJr.がたくさん呼ばれたが、そのとき彼らは夜行バスで大阪に帰っていったという目撃情報があった。関西勢への“冷遇”はいまに始まった話ではなく、ジャニーズではいわば伝統のようになっている。

ジャニーズWESTなどは「衣装にも格差があった」など、東京勢へのやっかみをネタにしているが、いまやなにわ男子がジャニーズJr.で一番人気を集めているのは間違いない。トップの人気を誇るものには、それ相応の待遇をしてあげるべきなのでは……と、老婆心ながら思ってしまうのである。
引用元:www.cyzo.com(引用元へはこちらから)
一方、ジャニー喜多川が生前かわいがったジャニーズJr.には好待遇が続いている。美 少年の浮所飛貴が『胸が鳴るのは君のせい』(高橋洋人監督)で映画初主演を飾るというのだ。

しかし、ワイドショーで流れた撮影中のワンシーンを見たファンからは「セリフが棒読みだけど大丈夫?」「こんな棒読みで主演?」「ジャニーズJr.がみんな演技ヘタだって勘違いされたらいやだ」といった声もあがっている。

浮所はこの夏にドラマ『真夏の少年』(テレビ朝日)で初めてテレビで演技を披露したが、このときもセリフの棒読みが目立った。ドラマも当初はおバカな明るいキャラクター設定だったというが、急遽クールで無口な役に変更、セリフも大幅に減ったと美 少年メンバーが雑誌取材で明かしていた。

この設定変更に「浮所の演技がひどすぎて、セリフをカットしたのではないか」「無口でクールなフリをすれば、かっこよく見えるのは当たり前。他のメンバーは変顔もして体当たりで演技しているのに浮所だけズルい。これじゃ浮所だけ人気が出る」とファンからの不満もチラホラ。

10月23日からはドキュメンタリー『RIDE ON TIME』(フジテレビ)が放送開始した。テーマは関西ジャニーズ。冷遇されているのではないかと心配される関西ジャニーズJr.の本音が聞けるかどうか、今後の展開も楽しみだ。
引用元:www.cyzo.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者