【文春砲】ユニバーサルがジャニーズ事務所に忖度、圧力の動かぬ証拠画像が流出で辞めジャニ外しが物議

週刊文春の記事『《“辞めジャニ外し”証拠メール公開》「新しい地図」香取慎吾主演ドラマの裏で「HY」が突如降板のワケ「ジャニーズと弊社との関係性を鑑み…」』がネット上で話題だ。

6213
0
 昨年末に放送されたNHKの特集ドラマ『倫敦ノ山本五十六』で丸刈り頭になって山本五十六役を演じ、大きな話題となった「新しい地図」の香取慎吾(45)。時期を同じくして一般女性との結婚も発表し、公私ともに好調ぶりを見せている。

 「新しい地図」では草彅剛(47)も昨年のNHK大河に出演、稲垣吾郎(48)は2月に主演舞台を控えており、4月からは3人が出演する『ワルイコあつまれ』(NHK)のレギュラー放送も決定した。トップスターたちの“本格復活”も目の前だ。

 しかしここへ至るまでの道は決して平坦ではなかった。
引用元:bunshun.jp(引用元へはこちらから)
 2016年末に泥沼のSMAP解散劇を繰り広げてジャニーズ事務所を退所し、以降2019年末まで地上波への出演はほとんどなかった。「新しい地図」を巡っては、過去に公正取引委員会が動く事態にも発展している。

「2019年7月、テレビ番組に出演させないようジャニーズ事務所がテレビ局へ圧力をかけた疑いがあるとして、公正取引委員会が注意処分を下したと報道されました。決定的な証拠はなかったため注意に留まりましたが、両者に関する動向は注視されていると言っていいでしょう」(大手紙社会部記者)

 そこから事態は劇的に改善したように見える。しかしジャニーズ事務所との軋轢は、注意処分を受けた後も尾を引いているのかもしれない――。

 実は、香取が「新しい地図」として再始動して初めて主演した連続ドラマ『アノニマス~警視庁“指殺人”対策室~』(テレビ東京系・2021年1月期)で、あるトラブルが起きていたのだ。事情を知るテレビ局員が語る。
引用元:bunshun.jp(引用元へはこちらから)
「『アノニマス』は、ネット上の誹謗中傷などによる“指殺人”をテーマにしたサスペンスドラマです。香取さんがジャニーズを退所してから初の民放ドラマ出演ということもあり、大きな話題を呼びました。もちろんテレビ東京も力を入れていて、主題歌はある人気アーティストにお願いしていたんです。所属事務所との交渉も大方まとまり、話は決まったかと思われたのですが……ある日突然、全てひっくり返ったんです」

 このアーティストとは、『366日』『NAO』など数多くのヒット曲を持つ国民的バンド「HY」だ。注目ドラマの主題歌を担当するアーティストとして何ら不足はないはずだが、一体何があったのだろうか。
引用元:bunshun.jp(引用元へはこちらから)
「ドラマ関係者の間では、『ジャニーズが関係しているらしい』とまことしやかに囁かれていました。事務所が直接なんらかの働きかけをしたのか、周囲が忖度したのかはわかりませんが……」(同前)

 真相を明らかにするため取材を続けたところ、文春オンラインは舞台裏を明らかにする一通のメールを入手した。
引用元:bunshun.jp(引用元へはこちらから)
『アノニマス』が始まる3ヶ月ほど前に送られたこのメールの送信元は、当時HYの所属レーベルだったユニバーサルミュージックで邦楽を統括していた執行役員・A氏だ。

「もともとはユニバーサルミュージック内の邦楽を担当する責任者に宛てて送られたメールだと思いますが、文字に残る形でこんなにあからさまに“忖度”を命じるとは……。最初にメールを読んだときは、まさか、と思いました」(メールを見た関係者)

 その文面は以下の通りだ。
引用元:bunshun.jp(引用元へはこちらから)
 この関係者は「前代未聞ですよ」と続ける。

「『慎重に』と濁してはいますが、要は『関わるな』ということでしょう。ドル箱のようなアーティストを何人も抱えているジャニーズへの忖度は、レコード会社だけでなく業界の至る所にあります。ですがそれはあくまで秘密裡に行われてきたことです。それなのに“辞めジャニ”なんて直接的な言葉を使ってメールで指示をするとは……。このメールを見たときは、本当に驚きました。アーティストが可哀そうですよ」
引用元:bunshun.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 “辞めジャニ”とジャニーズ事務所の関係性について、芸能記者が語る。

「退所したタレントに対するジャニーズ事務所からの“圧力”については、これまでもたびたび取沙汰されてきました。ジャニーズには人気タレントがたくさんいますから、『辞めたタレントを使うなら、ウチのタレントは出しませんよ』というやり方が可能なんです。それを怖れて、テレビ局などオファーする側が自ら“忖度”する例も数多くあると言われています。

 実際に、2020年6月に退所した元NEWSの手越祐也が自身のYouTubeチャンネルで、独立後の仕事について『(オファーされた仕事が)消えるのよね』『仕事自体がどっかいっちゃうということもあれば、共演者がどっかいくというのもある』と明かしたこともありました」
引用元:bunshun.jp(引用元へはこちらから)
 芸能プロダクション関係者が、現在のユニバーサルミュージックとジャニーズ事務所の関係を解説する。

「ユニバーサルが手掛けているジャニーズのグループは、現在King & PrinceとSexy zoneの2つです。どちらもデビュー作から最新シングルまで全てオリコン週間ランキングで初登場1位を記録しており、レーベル内では今や屋台骨のような存在です。さらにジャニーズJr.の人気ユニット、美 少年もユニバーサルからのデビューが決まっているともっぱらの噂です。近年は音楽業界も厳しさを増していますから、ユニバーサルとしてはジャニーズにへそを曲げられては困るでしょうね」
引用元:bunshun.jp(引用元へはこちらから)
一方でユニバーサルとジャニーズは、長らく断絶状態だった時期もある。

「もともとユニバーサルはジャニーズ所属のアーティストを扱っていませんでした。当時はしがらみがなかったこともあり、2017年にはジャニーズ事務所を退所した元KAT-TUNの赤西仁や田口淳之介と契約を結んでいます。

 しかし2018年1月にKing & Princeがユニバーサルと契約し、デビューしました。King & Princeはジャニーさんが手塩にかけた大型新人で、デビューシングルの『シンデレラガール』は初週57万枚を突破。そこで潮目が変わったんです。赤西や田口との契約は同年にひっそりと終了しています。

 ユニバーサルにとって今のジャニーズとの関係は、やっと手に入れた蜜月だったというわけです」(同前)
引用元:bunshun.jp(引用元へはこちらから)
 メールの送信元であるA氏は、デビュー当初のKing & Princeを担当していたと言う。現在はユニバーサルの上席執行役員を務めるA氏について、別の関係者はこう語っている。

「とにかく実直で手堅く、ミスをしない。実務型の“官僚タイプ”という印象です。ユニバーサルミュージックの社長兼最高経営責任者である藤倉尚氏からの信頼も厚く、“腹心の部下”といった関係でしょうか。藤倉氏からの期待には必ず応えますし、忖度も上手い。一方で部下への当たりがキツいことは有名で、『いつの間にか部下が異動している』なんていう話も聞きます」
引用元:bunshun.jp(引用元へはこちらから)
 そのA氏の“鶴の一声”で、『アノニマス』の主題歌からHYは外れ、香取本人が歌唱を担当することとなった。

  “辞めジャニ”を巡る忖度は今も続いているのだろうか。A氏本人を直撃した。
引用元:bunshun.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者