2020年09月19日更新
キスマイ KisMyFt2 脱退

【悲報】キスマイからメンバー脱退!? すでに退所・独立に向けて動き出しているとの噂を関係者が暴露

Kis-My-Ft2(キスマイ)からメンバーが脱退しそうだと不穏な噂が業界で流れている。すでに退所・独立に向けて動き出しているとの噂を関係者が暴露。

13339
0

キスマイからメンバー脱退!?

ジャニーズの人気グループ・Kis-My-Ft2がデビュー10周年を迎え、テレビ露出を増やしている。今月だけでも『ダウンタウンDX』(読売テレビ系)『ウチのガヤがすみません!』(日本テレビ系)『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ)などの番組に出演。

さらに、21日には冠特番『キスマイ特番(仮)』(テレビ朝日系)の放送も控えており、持ち前のバラエティスキルを遺憾無く発揮しそうだ。

「キスマイはデビュー当時からバラエティに力を入れて活動してきました。それは、当時キスマイを担当していたマネージャー・飯島三智氏の戦略でもあった。SMAPをテレビの申し子に育て上げた手腕をフルに発揮して、キスマイにも同じようにコント番組やトーク番組の場を与え鍛えていったんです。飯島さんがいなくなってからも、彼らはバラエティに力を入れ続けていますし、そんな彼らを信頼しているディレクターや芸人は多いです。ジャニーズの子が番組にゲスト出演するときは、やっぱりちょっと遠慮する部分もあるんですけど、キスマイだったら思いっきりお笑いに振ることができるという安心感がありますからね」(テレビ局関係者)

バラエティ番組での活躍が目覚ましい一方で、芳しくないのがCDの売り上げだ。9月16日にリリースされたシングル「ENDLESS SUMMER」はオリコン1位を獲得したものの、初日売り上げ枚数が12万6453枚と、デジタル配信をしていないジャニーズのアイドルにしてはそこまで良くない数字を叩き出し、落胆の声をあげるファンも少なくない。

昨年2月にリリースしたシングル「君を大好きだ」は29.7万枚と好調だったが、以降売り上げ枚数は下降線をたどっている。その原因についてレコード会社関係者はこう分析する。

「今回はメンバーの北山(宏光)くんに熱愛報道が出たばかりなので、それも多少影響しているかとは思います。あと、こう言っちゃなんですがキスマイは音楽のクオリティが低い。ジャニーズのアイドルの中にも、例えば嵐や関ジャニ、KinKi Kidsは楽曲の方向性を決めるセンスのあるメンバーがいたりするんですが、キスマイはいないんですよね……。アイドルとはいえ、与えられた曲をただ歌うだけではダメなんです。だからどのグループも、デビューからある程度年月が経つとメンバーから積極的に楽曲について方向性やアイデアの提案が出てくるものなのですが、キスマイはトレンドを押さえるのがどうも下手な様子。

昨年の夏に『HANDS UP』というダンスナンバーを出したんですが、出来は悪くなかったけどトレンドから2~3年遅い感じがしました。もともとキスマイはダンスも歌もそんなにうまいわけではないので、結果的に一見リスナーの胸を撃つような作品が出来上がってこない」(レコード会社関係者)

さらに、これまで推し進めてきた「テレビ路線」も彼らの飛躍を阻む要因になっているのではないかと指摘する。
引用元:www.cyzo.com(引用元へはこちらから)
「こんなことを言うのは非常に心苦しいけど、今の若い人は本当にテレビを見ない(苦笑)。だから10代20代の間では、テレビに出てるキスマイより、YouTubeやってるジャニーズJr.のほうが人気だったりするんです。テレビを見ている40代以上の人からの支持は厚いかもしれないけど、彼らが今更キスマイのファンになってCDを買うかといえばそうじゃない。とはいえ、バラエティスキルは高いキスマイですから、ここらで本格的にYouTubeに進出したら、ファン層は一気に広がると思いますよ。芸人さんたちだって今はみんなテレビとYouTubeの二輪でやってますからね」(前出・テレビ局関係者)

なかなか悩ましい状況にいるキスマイだが、そのせいか不穏な噂も聞こえてくる。

「最近IT系やベンチャーの人間が、ジャニーズを辞めたタレントを囲って新事業を始めるというケースが増えてきている。手越祐也なんかはその典型だし、長瀬智也の独立にもそっち界隈の人間が噛んでいるという話。そうした界隈の中で、『次にキスマイのメンバーが事務所を出る』という噂が出てるようなんです。ただの推測なのか、すでに独立に向けて具体的に動き出しているのかは定かでないですが、手越のときもこの界隈から話が漏れたので、キスマイについても注視していきたいです」(芸能記者)

10周年を迎えたが、どうも低調気味のキスマイ。次の10年に向けて、気合いを入れ直す時期に差し掛かっているのかもしれない。
引用元:www.cyzo.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者