2021年12月16日更新
櫻井翔 相葉雅紀

NHKが嵐の引っ張り出しに成功?櫻井翔&相葉雅紀「まさかの紅白サプライズ出演説」とは

史上まれにみる話題ゼロといわれる今年大晦日のNHK紅白歌合戦。ついにNHKが嵐の引っ張り出しに成功したとの噂が流れています。

2108
0
『史上まれにみる話題ゼロ』といわれる今年大晦日のNHK紅白歌合戦。

すでに、出場歌手と司会者は発表されていて、今年は“サプライズ出場歌手枠”も期待薄だという。

そんな中かなり以前から言われていた、あの国民的アイドルの特別企画でのサプライズ出演が、どうやら本決まりになったという。

「嵐の櫻井翔(39)と相葉雅紀(39)の2人です。紅白歌合戦内の東京五輪企画のスペシャルナビゲーターとしての出演が、ほぼほぼ決まったらしい。当初からNHK側は『嵐の誰か1人でも良いから引っ張りだせ』という大号令のもと、ジャニーズ側とずっと交渉していた」(スポーツ紙ジャニーズ番記者)

本来、コロナが無ければ、東京五輪のNHK放送枠は『嵐5人が顔役』となっていたはず。

五輪自体の1年延期と、大野智(31)が半引退でグループ活動休止となったため、櫻井と相葉の『半嵐』で担当することになったのは周知の通り。

「そりゃNHKからしたら五輪中継のテーマソングになっていた『カイト』を、正式出場歌手枠として櫻井&相葉に歌ってほしいが、さすがにそれは無理。だったら、せめて東京五輪を振り返る企画の部分だけでも何とか出てほしい、というのが本音」(同前)

一部では、今年の司会者が発表される前に『櫻井&相葉で紅白司会内定か』などと博打的に報じたメディアもあったが、そこにはNHK側の2人に対する配慮もあったようだ
引用元:k-knuckles.jp(引用元へはこちらから)
「引き受けてくれるなら当然、司会でも良いが、2人は新婚の身。嵐が活動休止になって、やっとゆっくりした年越しができる年末だったはず。そんな中、準備も大変で拘束時間も長い司会ではなく、あくまで20分ほどの五輪企画コーナーだけの出演なら『2人の負担にもならない』と交渉していた」(NHKに近い芸能関係者)

そして、NHKの局内やNHKホールに入ると、出場歌手であるジャニーズ枠の5組の後輩メンバーにも対しても、何かと“気を遣う”必要もあるが、五輪企画コーナーは、こんな内容になるとか。

「東京五輪のメイン会場だった新国立競技場にメダリストを集めて生中継を予定しているとか。それなら櫻井&大野の2人も現地入りでスタンバイして現地バレが出来るので、わざわざNHKに行く必要が無い。2人にとっては精神的負担もかなり減るし、いわば『楽な仕事』でしょう」(同前)

どこまでも2人に忖度した紅白のサプライズ企画。

どうにかして2人に出演してもらいたいNHKからしたら、当然のことなのかもしれない。

果たして大晦日の夜、櫻井と相葉の2人は新国立競技場に姿を現すのか、はたまたNHKホールに現れるのか、それとも……。
引用元:k-knuckles.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者