2024年07月09日更新
海のはじまり 目黒蓮 有村架純

目黒蓮の月9ドラマ「海のはじまり」第2話、有村架純演じる弥生の過去とは

目黒蓮主演の月9ドラマ「海のはじまり」第2話では、有村架純演じる弥生の隠された過去が明らかになり、視聴者を震撼させている。弥生の過去と、目黒蓮演じる夏との関係に大きな謎が浮上し、今後の展開に期待が高まる。

85
0

月9ドラマ「海のはじまり」第2話、有村架純演じる弥生の過去に衝撃走る!

目黒蓮主演、有村架純、古川琴音ら豪華キャストが集結した月9ドラマ「海のはじまり」。7月8日放送の第2話では、有村架純演じる弥生の過去が明らかになり、視聴者の間で大きな話題となっています。

第2話では、夏(目黒蓮)の自宅に突然現れた海(泉谷星奈)との関係が弥生に明かされます。弥生は、海が過去に付き合っていた女性と夏の子どもであることを知ります。

さらに、弥生が以前、妊娠していたことが判明。その時期が海の誕生と同じ年であることから、視聴者からは「弥生さんが産んでいたとしたら、海ちゃんと同い年の子だったって事?」「辛すぎる…」「弥生さんとしては重ねてしまうよね、きっと」といった声が殺到しました。

弥生この衝撃的な事実が、今後どのように物語に影響を与えるのか、注目が集まっています。

一方、夏は弥生に、水季(古川琴音)が妊娠していたこと、そして海が生まれて生きていたことを打ち明けました。しかし、弥生は複雑な表情を見せ、トイレにこもって1人涙を流します。

夏は、もし水季が中絶していなければ、海と一緒に育てることができたかもしれないと後悔の念を露わにしました。しかし、視聴者からは「でもそうだと弥生に会わない人生にもなる」「その後悔した未来に弥生さんはいないんだよ…?」「今の言葉は弥生さんキッツイだろうな」といった、弥生に対する同情の声が多く寄せられています。

今後のストーリー展開から目が離せません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者