2020年10月28日更新
ABCZ 頑張れ友よ えび

【悲報】江頭効果全くなし…A.B.C-Z新曲大爆死で「グループ解散して若手に枠を譲れ」と大合唱

江頭効果全くなし…A.B.C-Zの人気低迷が笑えない状況になっています。そのため、他G担からは「グループを畳んで若手に席を譲ってほしい」との声も多く上がってしまっているようです。

6066
0
“江頭効果”はまったくなかったようだ。

10月21日に発売されたA.B.C-Zのニューシングル『頑張れ、友よ!』が低調スタートとなっている。初回限定盤A・B、通常盤の3形態で販売され、発売初日はオリコンデイリーシングルランキングで首位に初登場。しかし、その枚数は1万8814枚と2万枚台には届かずに前作を下回り、グループとして右肩下がり傾向が続いている。

「『頑張れ、友よ!』は、10月23日公開のA.B.C-Z主演映画『オレたち応援屋!!』の主題歌に起用され、作詞を江頭2:50が務めたことで話題となりました。江頭が自身のYouTubeチャンネルでPRしていたこともあり、江頭ファンの購入も期待されていましたが、完全に不発で終わりました」(音楽ライター)

ジャニーズのデビュー組の中では最も人気がないとされているグループだけに、ネット上では「売れないね……」「3形態で販売されたのに?」「売れないジャニーズがあったっていいじゃないか」「カッコいい人が1人もいない」「CDの売れ行き的に、このままいったらA.B.C-Zが関東ローカルアイドルになってしまう」と、すっかり諦めムードに。

「A.B.C-Zといえば、筋肉を売りにする塚田僚一がバラエティで活躍していたのに加え、最近は河合郁人が『ジャニーズものまね』を武器にブレイク中。しかし、2人に関してはアイドルと言うよりバラエティタレントと認識している人が多い。現在のジャニーズは人気jr.が群雄割拠。熾烈なデビュー争いを繰り広げています。そのため、ネット上ではグループを畳んで若手に席を譲ってほしいというジャニーズファンの声が多く聞かれています」(芸能記者)

そんなA.B.C-Zは、規模は小さくてもずっと安定した人気を保っている。 毎年座長舞台をやっているしその座席も埋めているのも事実。「CDの売上だけで価値を測られたくない」という故・ジャニー喜多川さんの言葉を信じ、メンバーは突き進むしかないだろう。
引用元:www.cyzo.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者