【王様に捧ぐ薬指】山田涼介と橋本環奈の結婚会見が悪目立ち!釣りタイトルで炎上する騒動も

コチラの記事では『【王様に捧ぐ薬指】山田涼介と橋本環奈の結婚会見が悪目立ち!釣りタイトルで炎上する騒動も』についてお届けします!

1020
0
 Hey! Say! JUMPの山田涼介と女優の橋本環奈が、都内の式場で「結婚会見」を行った。橋本は美しいウエディングドレスで登場し、山田もビシッとスーツで決めて会見に参加した……が、もちろん2人がリアルに結婚したわけでなく、4月18日スタートのドラマ『王様に捧ぐ薬指』(TBS系)の記者発表会として会見が行われたものである。

「会見は結婚指輪まで披露する凝りようで、大きな話題に。マスコミも多くの媒体が出席し、約15分間にわたり2人が役になりきって結婚会見を行った。本当に山田と橋本が結婚をするような錯覚に襲われ、マスコミ関係者からも好評のプロモーションでした。この様子はTBSの公式YouTubeチャンネルでも配信され、山田のファンたちも“茶番会見”を楽しんでいた様子です」(スポーツ紙記者)

 橋本は、ジャニーズタレントと共演が多い「ジャニーズ御用達女優」と言われるだけあり、配信でも特に荒れる様子はなかった。

 しかし、一部のネットメディアが“釣りタイトル”で報じたことで、会見の詳細を知らなかったファンにより炎上する騒動も。

「現場取材したマスコミには、あくまでドラマの取材だとわかる記事のタイトルを付けるようTBSから要請があったという。ただ、一部のメディアやまとめサイトが、本当に山田と橋本が結婚して、緊急で記者会見を開いたように勘違いさせる“釣りタイトル”で報じてしまったんです。特に、Twitterをメインに情報配信している某サイトは、ツイートが2700万回以上も表示されるほどバズった。『タイトル詐欺』『悪意ある書き方』『PVを稼ぎたいだけ』と批判されています」(同上)

 何はともかく、ドラマの宣伝効果は抜群だった、今回の偽装結婚会見。しかし、業界内では「低視聴率になるのではないか?」という声もある。

「今作は、わたなべ志穂氏の同名マンガが原作で、橋本が主演で山田は準主役となる。橋本が演じる『ド貧乏な美女』と、山田が担当する『ツンデレ御曹司』のシンデレラストーリーで、2人は『契約』結婚をするが徐々に本気になっていくという、はっきり言えばありきたりな展開です。初回は宣伝などもあり視聴率を稼げても、結果としてかなり厳しい結果になるのではないかと言われています」(週刊誌記者)

 というのも、これまでさまざまな作品に出演している山田ながら、ここ最近「低視聴率の帝王」として悪評が出てしまっているからだ。

「山田は、昨秋に主演したドラマ『親愛なる僕へ殺意をこめて』(フジテレビ系)が、全話通して平均世帯視聴率が3%台(ビデオリサーチ調べ、関東地区)という記録的な低視聴率となった。昨年は主演映画『大怪獣のあとしまつ』『鋼の錬金術師 完結編』も大爆死していますし、いまやジャニーズ事務所ではダントツに数字をもっていない俳優と言われています」(民放関係者)

 橋本も、映画では『キングダム』シリーズや、『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』などヒット作に出演しているが、ドラマではなかなかヒット作に恵まれていない。

 視聴率が上がりそうな要素の見当たらない今回の『王様に捧ぐ薬指』だが、TBSもすでに逃げ腰対応になっているという。

「TBSは、早くも平均世帯視聴率より若年層がメインのコア視聴率を重視すると話しているとか。またそもそも、視聴率よりもTVerや見逃し配信での人気を重要視するというスタンスのようです。TBSは今年1月期に、King & Princeの永瀬廉が出演したドラマ『夕暮れに、手をつなぐ』が大コケしたばかり。これで山田のドラマまでコケると、ジャニーズ事務所との関係性も悪くなる。低視聴率だった場合、ジャニーズへ弁明できるようにさまざまな言い訳を用意しているようです」(スポーツ紙記者)

 知名度抜群の山田と橋本が共演しながら、早くも視聴率が心配される『王様に捧ぐ薬指』。山田も、なんとかして低視聴率男の汚名返上をしたいところだ。
引用元:www.cyzo.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者