2020年10月18日更新
河合郁人 ABCZ 河合会 #文春砲

A.B.C-Z河合郁人が文春砲の餌食に…歓楽街・五反田での夜の様子をスクープされる【河合会】

10月18日、文春オンラインでA.B.C-Z河合郁人に関する記事「“ジャニーズの中間管理職”A.B.C-Z河合郁人が歓楽街・五反田で途中下車した夜《スクープ撮》」が掲載された。

7931
0

A.B.C-Z河合郁人が文春砲の餌食に…

その日はあいにくの雨だった。10月8日夜、出演する舞台「俺たち応援屋!! On Stage」(日本青年館ホール 10月3日~28日)の公演を終えたA.B.C-Zの河合郁人(ふみと・32)は、品川区の五反田駅近くで送迎車を降りると、一目散にガード下の方へ、傘もささずに歩き始めた。グレーのジャケットとパンツにマスク姿で、周囲を警戒する様子もあまりない。

その足取りはどことなく軽やかにみえる。一体、どこへ向かおうとしているのか。最近とみにバラエティ番組での活躍が目立ち、「ポスト中居正広」とまで呼ばれ始めた“遅咲きのジャニーズ”。取材班はその足取りを追った。

ひとりで送迎車を降りた河合は傘もささずに、一目散にある店へと入っていった。そこは、飲食店街にある何の変哲もない庶民的な「たこやきバー」だったのだ。

誰かと待ち合わせをする様子もなく、ひとり「立ち飲み」カウンターに佇み、グラスを片手に酒をあおる河合。ときおり店員と談笑したり、アイコス(加熱式タバコ)を吸いに喫煙所へと移動する姿は、しっかりと五反田の街に溶け込んでいた。とてもリラックスしているように見える。馴染みの店だったようだ。

河合が喫煙ブースでスマホをいじっていた時、ある女性客が彼の存在に気付き、握手を求めると、気さくに応じる“神対応”を見せる一幕もあった。

後日わかったことだが、河合がこの日“ひとり酒”を楽しんだ店は、宮迫博之(50)がプロデユースする店だった。スタッフには業界関係者もおり、義理堅い河合はオープン以来、時折1人で顔を見せるという。

自称「ジャニーズの中間管理職」の32歳。売れっ子になってきた河合だが、この夜は先輩にも後輩にも気を遣わず、誰のものまねもしない、“ひとり酒”で心を癒したい気分だったのかも知れない。
引用元:bunshun.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者